上智大学

キャンパスライフ 祖師谷国際交流会館

多文化・多言語環境の共同生活を通じ、国際感覚を身につける。

上智大学祖師谷国際交流会館は、多文化・多言語環境の共同生活を通じて人間的成長を促す「インターナショナル・ハウス」として、2012年4月に運用を開始しました。外国人留学生を中心に、日本人学生も男女共に生活しており(居住エリアは男女別)、その多様性に恵まれた生活環境を十分に活かすため、2014年より独自の交流互助システム「リビンググループ」を有しています。また、地域の方々との連携によって、国際理解や異文化交流を深めることも目指しています。

特徴・コンセプト

本会館は、上智大学の教育目標に基づき、グローバル人材育成の実践の場として運営されている学生寮として、次のような「ミッション」と「ビジョン」を掲げています。入居者には、会館行事等「国際交流」への強い動機や積極的な参加、会館生同士の助け合い、会館規則の遵守が求められます。

ミッション

"Men and Women for Others, with Others"
上智大学祖師谷国際交流会館は、上智大学が持つ「キリスト教ヒューマニズムに基づいた人間教育」、「叡智が世界をつなぐ」という目標に基づいたグローバル人材育成の実践の場である

ビジョン

上智大学祖師谷国際交流会館の学生は、
・ひとつの「家族」としての意識と責任を持ち、互いに助け合う。
・多様性を理解し、受け入れ、共に生きる。
・会館の文化・環境・秩序の担い手となる。

リビンググループ制度

上智大学の目指す祖師谷国際交流会館の多面的交流と会館の文化、環境、秩序の担い手となるためにリビンググループが結成されています。このリビンググループは会館生全員参加が前提で1グループ約15名の多様な学生から成り、会館内で20組のリビンググループが存在しています。各リビンググループにはリーダーがおり、会館生を代表し、学生センターのパートナーとしてよりよい会館を作り上げることに寄与しています。会館のミッションとビジョンを活かすために寮生内での定期的なミーティングの開催や、要望のとりまとめ、イベントの開催など、寮のまとめ役となり、寮生による寮運営への参画、寮文化の醸成が実現しています。

会館の概略・生活ガイド

祖師谷国際交流会館の運営取扱要領および生活する上でのルールとなる生活ガイドを以下に掲載しております。

上智大学祖師谷国際交流会館 運営取扱要領(185.53 KB)

※入居希望者は必ずお読みください

上智大学祖師谷国際交流会館 生活ガイド(642.69 KB)

※入居希望者は必ずお読みください

設備・間取り

入居期間は2年を超えないものとします。ただし、学生センター長が認める者については、入居期間を更新できるものとします。
単身用、夫婦用および家族用の各居室はインターネット環境完備。インターネット利用料金(設備費)は寮費に含まれます。

戸数:単身用(15.08㎡) 320室、夫婦用(40.58㎡) 4室、家族用(56.50㎡) 7室 合計331室
※日本人学生は単身棟のみ入居可
※夫婦用、家族用については、夫婦棟、家族棟のパンフレット(208.71 KB)をご参照いただき、空き状況を事前にお問い合わせください。

管理人が常駐します。食事の提供はありませんが、共用のキッチンにて自炊ができます。

物件概要

寮費
  単身用 夫婦用 家族用
寮費(月額) 45,000円 62,000円 72,000円 インターネット費、設備費込み
入居費 42,000円 60,000円 72,000円 入居時のみ、返金なし
保証金 42,000円 60,000円 72,000円 入居時のみ、退去時の居室状況に応じて返金
光熱水費 寮費に含む 実費
(個別に契約)
実費
(個別に契約)
 

物件概要

所在地:東京都世田谷区上祖師谷4-24-1
室 数:単身用(15.08㎡) 320室、夫婦用(40.58㎡) 4室、家族用(56.50㎡) 10室
構 造:鉄筋コンクリート造5階建
竣 工:1993年(2012年改築)
交 通:上智大学四谷キャンパスまで約60分
    小田急線「成城学園前」駅 徒歩約20分またはバス約10分、京王線「仙川」駅 徒歩約20分
施 設:フロアキッチン、洗濯室、シャワー室、図書資料室、ラウンジ、和室、カフェテリア、ビッグキッチン、祈りの部屋、講堂、テニスコート、研修室、音楽練習室、体育館、トレーニングルーム

募集情報

祖師谷国際交流会館の募集情報

上記リンクにて募集情報を掲載しております。
見学は事前予約制ですので、以下現地オフィスにご連絡ください。
祖師谷国際交流会館現地オフィス:03-5384-1201