上智大学

キャンパスライフ アルペ国際学生寮 利他的リーダーシップ育成プログラム

2020年度
利他的リーダーシップ育成プログラム

VUCA※の時代といわれる現代において、将来を予測することは不可能であり、過去の経験や考え方が通用しない時代になってきています。こういった時代にあっては、不確実性の高い未来に対する優れた洞察力と構想力、それらによって自分達にしか出来ない形で提供価値を創り出し解決する力、多様な価値観や考え方の中で個の強みを最大限に発揮しながら他者と協働する力を身に付けることが大切です。
本教育プログラムでは、アルペ国際学生寮のミッションを実践する場として、「利他的リーダーシップ」を育成するための基礎講座(セミナー・グループワーク)と実践PBLプログラム(課題探求型と産学連携型)を相互に繰り返しながら、寮生が自身のVisionを明確に持ち、予測不可能な時代における課題を探求し解決する能力を養成します。そして、“Men and Women for Others, with Others”を具現化した利他的リーダーシップを持つ人材を育成します。
※VUCAとは「Volatility(変動性)」「Uncertainty(不確実性)」「Complexity(複雑性)」「Ambiguity(曖昧性)」の頭文字を取って作られた造語で、 様々な要素によって形成される「予測不可能な状況」を表す用語です。

Basic Program

Basic Programは、半期毎に各回のテーマのセミナー・グループワークを開催します。英語で進行される講座も、適宜日本語でフォローアップしますので、全寮生が参加できます。

4/27(月)Team Building【JP/EN】

メンバーが主体的に個性や能力を発揮しながら一丸となってゴールを目指すチームになるための取組み。互いの多様性を認めて協力し合う関係性を築きます。

利他的リーダーシップを培うためには、チームで動くことの意義や方法を学ぶ必要があります。Basic Program第1回「Team Building」は、寮生同士がオンラインで繋がり、ゲームやディスカッションを通して、合意形成を行うためのコミュニケーションスキルやチームが形成される過程とリーダーに必要な要素・役割を学びました。

(次回以降も順次情報を更新します)

PBL Program

PBLとは、「課題解決型学習」とも呼ばれ、知識の暗記などの受動的な学習ではなく、自ら問題を発見し解決する能力を養うことを目的とします。
・実社会の組織や人々と関わり、その姿を間近で見ることに数年後の自身のキャリア像・成長像を学び得る。
・主体的に取り組み、リーダーシップを発揮したことの成功体験・失敗体験を学び得る。
・問題や障壁に対しての具体的な解決手法、思考方法、また自身の強み、弱みの理解を学び得る。

(実施次第、順次情報を更新します)