上智大学

研究活動 附置研究機関等

附置研究機関等

上智大学には研究機構に属さない附置研究機関等があり、それぞれが特徴ある研究活動をおこなっています。

キリシタン文庫

キリシタン文庫は、1939年2月5日(日本26聖人の殉教記念日)、日本のキリシタン宣教史、および、宣教に伴う日欧文化の交流を研究するとともに、その知識と成果を広く普及することを目的とし、故ヨハネス・ラウレス師によって設立されました。

キリシタン文庫のオリジナルサイトはこちら
http://www.sophia.ac.jp/jpn/research/kirisitanbunko/kirisitan

モニュメンタ・ニポニカ(1938年設立)

東アジアの豊かな文化財産、とりわけ日本の文化財産の価値を広く欧米の読者に伝えるため1938年に創刊された英文の学術誌です。日本研究の貴重な学術誌として、海外で高く評価されています。

アジア人材養成研究センター(2002年設立)

アンコール・ワット寺院の保存・修復、周辺地域の環境調査、アジア文化財の専門家・研究者を育成しています。本部がカンボジアにある唯一の海外施設です。

半導体研究所(2009年設立)

半導体研究所は、上智大学創立100周年記念事業の一環として、2009年10月1日に設立されました。半導体工学、関連する基礎電子工学・基礎物性に関する研究を行っています。

グリーフケア研究所(2010年設立)

日本で初めて「グリーフケア」を扱う研究所として2009年4月に開設し、2010年4月に聖トマス大学から上智大学に移管されました。身近な人を喪失した後、体験する複雑な情緒的状態「グリーフ(悲嘆)」 のケアについて研究を行っています。

生命倫理研究所(2010年設立)

2010年4月に「上智大学生命倫理研究所」が開設されました。本研究所は本学の基本理念である「キリスト教ヒューマニズム」を基礎とし、人文・社会・自然の学問領域の統合と総合により、生命倫理学の発展に寄与することを目的としています。所員は学内外の文系・理系の研究者から構成されています。本研究所は、生命倫理、医療倫理、さらには医療福祉を包摂した領域を対象とする、独自の生命倫理研究所です。

国際関係研究所(2015年設立)

2015年7月に「上智大学 国際関係研究所(SIIR)」が開設されました。
本研究所は、国際政治学と安全保障に係る研究を両軸に、国内外の研究機関とも積極的に連携していきます。
アジアの安全保障に焦点を当てた「アジア太平洋のガバナンス・システム2020‐安全保障・金融秩序再編と日本‐」を当面の研究テーマに掲げ、関連する小テーマについて研究を進めていく予定です。
また、日本の複数の大学から成る研究組織「日米研究インスティチュート(USJI)」にも加盟。今後はUSJIを通じて研究成果や活動内容について発信していきます。

国際協力人材育成センター(2015年設立)

本学が教育目標として掲げる”Men and Women for Others, with Others”の志を持ち国際社会にと貢献して行く次世代の人材を育成して行くために設立しました。
本学ではこれまでも国際協力、国際機関への道を体系的に整備するために、国連世界食糧計画(WFP)、国連開発計画(UNDP)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)などの国連機関をはじめ、アジア開発銀行(ADB)、アフリカ開発銀行(AfDB)、国際協力機構(JICA)などの国際機関、各種法人と提携し、国際協力を多面的に理解する教育プログラムを提供してきました。 当センターは、国際分野での活躍を目指す次世代の人材を総合的にサポートする組織の設立を目的としています。

情報科学教育研究センター

全学共通科目「情報リテラシー演習」の講義の実施と運営を行っています。

また、授業で使用する補助教材の電子化、マルチメディア技術の教育への適用、ネットワーク経由で授業が受けられるオンデマンド教育における授業方法論など、コンピュータやネットワークを応用した様々な教育方法について調査研究しています。さらに、ビジネスモデルなどの先端的なシステム開発方法論に関する研究を推進しています。