上智大学

学部・大学院 実践宗教学研究科

実践宗教学研究科

実践宗教学研究科死生学専攻

【修士論文審査基準】

(1) 論文の課題設定の適切性
論文の課題の設定が明確であり,かつ,当該領域の研究に学術的に寄与し得る独創性を有していること。

(2) 専門的知識の理解
当該領域にかかる専門的知識が十分に理解,修得されていること。

(3) 先行研究の理解
当該領域にかかる先行研究を理解し,かつ,先行研究が十分に参照・明記され,引用が正確になされていること。

(4) 研究方法の適切性
研究テーマ及び研究目的に対して,研究方法・分析方法が適切であること。

(5) 論文構成の適切性
論文構成が的確で,論理展開に整合性,一貫性があるか。また,論理展開に無駄や矛盾がないこと。

(6) 倫理的配慮
研究対象に対する適切な倫理的配慮を行っているか。また,本学が定める研究倫理基準を満たしたものであること。

(7) 論文としての体裁,形式上の適切性
章・節の構成が適切であり,目次を見ることで全体の論旨が予想できること,文章が明解で,論旨が明確に理解可能であること。文献等の引用が適切であること。注記が適切であること。誤字や脱字が散見されないこと。