上智大学

学部・大学院 法学部

法学部

法学部におけるディプロマ・ポリシー
 
 本学部は、法律基本科目を正しく理解する力を基礎として、それぞれの学科において特色のある教育を行います。法律基本科目に関する応用力を重視する教育、さまざまな国際的な法律問題への対処に重点をおく学科、環境法の問題に関する多角的な検討をめざす教育、です。これらを通じて、社会に生起するさまざまな問題について法的に考える力を身につけた人材に学位を授与します。

各学科におけるディプロマ・ポリシー

【法律学科】
 
 本学科では、法と社会のあり方や世界と日本の法システムに関する素養を身につけ、社会における様々な問題を法的観点から総合的・多角的に検討し、その解決に資する力を養成します。このため、憲法、民法、刑法などの法律基本科目に関する基本的な知識を有し、その思考枠組みを現実の様々な問題に応用する力を備えた人材に学位を授与します。
  
【国際関係法学科】
 
 本学科では、法的・政治学的思考力を基礎として、国際社会の諸問題に対処できる知識、分析力、他者理解、発進力を育成します。今日では、政治経済はもちろん、法の分野においてもグローバル化の波が押し寄せてきています。この世界的状況の分析と活用に不可欠な言語運用能力、ならびに高度な専門性に裏打ちされたグローバル・コンピテンシー(グローバル化対応能力)を身につけた者に学位を授与します。 
 
【地球環境法学科】
 
 本学科では、環境問題に対する日本と世界の法制度に関する素養を身につけ、環境問題を法的観点から総合的・多角的に検討し、その解決に資する力を養成します。このため、法律基本科目の思考枠組みを現実の環境問題に応用する力を備えた人材、かつ、環境法の政策指向的な性質と環境問題の多面性に対応しうる、柔軟な学際的思考を身につけた人材に学位を授与します。