上智大学

学部・大学院 文学部

文学部

文学部におけるディプロマ・ポリシー
 
 本学部は、哲学・思想・歴史・文学・文化・芸術・情報・身体などを、その本質である人間の尊厳とのかかわりのなかで研究します。人文教養の基盤を深く洞察することにより、さまざまな分野で未来を創造できる自律的な人間を養成します。また、高度な専門教育と質の高い学術研究によって人間と世界の文化に貢献できる、専門的な人材の育成をめざします。
本学部で学位を取得するためには、以下の諸能力を提示することが求められます。 
 
1.人間の歴史・文化が集約された資料・情報を、自らの力で分析・解釈・評価する能力をもつこと。
2.人文教養の基盤である人間性・人格性に基づいて、自発的に表現を行う能力をもつこと。
3.外国語を含む言語文化に対する深い理解をもち、コミュニケーションを行う能力をもつこと。
4.専門的な研究教育に基づいて、社会・文化の創造に貢献できる能力をもつこと。
5.「卒業論文」を執筆し、論文試験および口頭試験に際して、それらの能力に関する定められた総合的な到達度を示すこと。

各学科におけるディプロマ・ポリシー

【哲学科】
 
 本学科は、以下の事項を学位授与の基準としています。
1.社会の具体的な出来事に表層的に反応するのではなく、ものごとの本質的な次元にまで遡って何が問題であるのかを発見し、その問題の性質を分析し重要度を測り、解決を求める能力をもって社会に貢献することができる。
2.合理的な思索によって深められた問題意識を多様な価値観の中で表現するにあたって、社会の状況や背景、そして表現の場に相応しい適切な言葉や文章を選択することによって、充実したコミュニケーションを実現することができる、高度な表現力・公共的な表現力をもつ。
3.多様な価値観が溢れる生活の中でも、人文学的教養と哲学的な人間理解を基礎とし、異他的なものに対して積極的な理解の姿勢を貫きつつ、奥行きのある想像力によって、人々と協働することができること。
  
【史学科】
 
 本学科は、現在の社会を「過去・現在・未来」の時間軸の中に置いて相対的・  客観的に捉えることができ、多元的歴史認識と国際的視野を持って、社会に貢献できる人材を養成しています。そのため、以下の力がついているかどうかを、学位授与の基準としています。
1.さまざまな社会現象に対する「歴史的な洞察力」。
2.特定の歴史現象に関して、既存の研究の弱点を見抜ける「批判能力」。
3.各種の史料を使って、史実を追求できる「調査能力」と「分析力」。
4.調査結果から1つの時代像を構築できる「構想力」と「表現力」。
これらの能力を、卒業論文と複数教員による口頭試問によって判定しています。
 
【国文学科】
 
 本学科は、日本文化研究の中核を担う学科として、人間・社会・文化の本質を問う視点を養うとともに、国際化の中で貢献しうる学殖と見識をもった学生の養成を目指しています。
 この目標の達成を示すものとして、「卒業論文」を必修科目として課し、必修科目「研究法」からその準備を開始します。また卒論指導の時間を設定し、学生個々の能力を引き出すよう工夫するとともに、複数教員による口頭試問により到達度を評価します。

【英文学科】
 
 本学科は、次の事項を満たす学生に学位を授与します。
1.コミュニケーション手段としての高度な英語能力と英米の文学・歴史・思想・文化および英語教育についての体系的で専門的な知識を身につけ、これらを生かして広く異文化との交渉において生じる現実問題にグローバルな視点から対処できる学生。
2.最終学年次に、それまで得た知識を応用し、問題の発見および調査・分析・論証の各能力を卒業論文の作成をとおして発揮できた学生。
  
【ドイツ文学科】
 
 本学科では、総合的なドイツ語運用能力を修得し、ドイツ語圏の文学・文化をその歴史的背景とともに学び、以下のような力を身につけた学生に学位を授与します。
1.基本的かつ総合的なドイツ語運用能力。
2.さまざまなテキストを読むのに必要な論理的思考能力、豊かな想像力。
3.与えられた材料を分析的に考察し、それを新たな視点でまとめあげ、ドイツ語及び日本語で的確に表現する能力。
4.異なる文化をその歴史を含めて理解し、世界の多様性と豊かさを認識して、多角的な視点から世界や人間のあり方を洞察する力。

【フランス文学科】
 
 本学科では、以下の事項を満たす学生に学位を授与します。
1.文学や芸術・文化に関心と理解がある。
2.仕事や研究や社会貢献に役立つフランス語運用能力がある。
3.情報や知識を能動的に獲得し、それを客観的かつ多角的に分析する思考力がある。
4.自分の意見や研究の成果を、口頭や文書でわかりやすく伝えられる表現力がある。
  
【新聞学科】
 
 本学科における学位授与の基準は、次のとおりです。
1.ジャーナリズム、メディア、コミュニケーション、情報といった諸領域を対象としたこれまでの学問的蓄積と、それられを踏まえた実践的な調査能力、分析力、批判力、構成力、表現能力をもつこと。
2.「理論と実践」の両面からバランスよく学び、ジャーナリズムの現場やメディア・コミュニケーション、情報などを扱う分野で活躍できる人材であること。
3.情報化が進む現代社会を、よりよく生きるための高度なコミュニケーション能力とメディア・リテラシーを身につけていること。