上智大学

学部・大学院 経済学部

経済学部

経済学部 におけるディプロマ・ポリシー
 
 本学部は、「広い視野と先見性をもち、国際的な場で活躍するリーダーとなる人材を育成する」という学部の教育理念のもと、経済学と経営学の基礎および専門知識、ならびに情報処理能力、コミュニケーション・スキルの到達度を重視し、国際社会に貢献できる人材に学位を授与します。
 また、早期卒業制度を導入しており、特に高い問題意識をもつ優秀な学生を輩出します。

各学科におけるディプロマ・ポリシー

【経済学科】
 
 本学科は、以下に掲げるように、様々な困難に直面する現代社会に生きる社会人として、現実的課題を解決していくために求められる基本的な資質である「知識」、「態度」、「技能」を有することを学位授与の方針としています。
「知識」:現代社会について分析するための経済学的な視点の根幹を成すミクロ経済学・マクロ経済学の基礎的知識。
「態度」:現代社会における現実的課題に関して評価し、課題を解決していくために、ミクロ経済学・マクロ経済学の基礎的知識を土台として、より専門的な知識を身につけながら、概念装置としての「モデル」を自ら構築していく際に求められる、現在あるいは未来について過去から学ぶ態度。
「技能」:モデルを用いて現実的課題の解決を図るために、データを使った統計的分析を遂行するために必要となる情報処理能力に加えて、国際的な場でリーダーシップを発揮して解決策を報告、実践していくために必要となるコミュニケーション・スキル。
 
【経営学科】
 
 本学科では、以下に掲げるようにグローバル経営環境における複雑な諸要因を的確に分析し、制約条件のもとで適切な意思決定を行い、現実の問題解決をリードしていくために求められる「知識」、「態度」、「技能」を有することを学位授与の方針としています。
「知識」:グローバル化・複雑化が一層進展していく経営環境を的確に分析するための経営学の専門的知識。
「態度」:厳しい制約条件のもとで適切な意思決定をおこなうために、異質性や多様性を尊重すると同時に、オープンでフェアに議論する姿勢。
「技能」:現実社会における問題解決をリードするために、複雑で多様な情報を効率的に処理する能力、および国際的な場におけるリーダーシップを発揮するための高度なコミュニケーション能力。