上智大学

学部・大学院 語学科目

語学科目

21世紀を迎えてグローバル化が進み、世界の環境は様変わりし、社会がさまざまな言語や文化的背景をもった人びとで作られているという視点が重要になってきている。世界には数千とも言われる言語が存在し、多種多様な文化が、世界の隅々にまで息づいている。そのために、このような複雑で多様な現実と直に向き合って適切に関わり、その状況に力強く、それでいて、柔軟に対応できる有為な人材の恒久的な育成が求められている。多様性を持った内容豊かな外国語教育こそが今の時代と社会に相応しい人材を創り出して行くために必要なのである。

上智大学言語教育研究センターでは、このようなグローバル化、多様化の進む世界の中で活躍していくために必要な様々な外国語の運用能力を学生に身につけさせるとともに、グローバル化する大学教育において、外国語を使って自らの考えを論理的に構成し、発表し、更に議論できる素地を育成することを目的としている。

With the spread of globalization in the 21st century, it is becoming ever more important to acknowledge that our society is composed of people who come from diverse language and cultural backgrounds. There are said to be thousands of languages spoken in the world, and a vast diversity of cultures pervades the earth. It is, therefore, a prerogative for us to educate young people who can take on this complicated and diverse reality with a firm yet flexible attitude. What is essential for us is to provide the kind of content-rich foreign language education which will prepare our students for this age and society.

The Center for Language Education and Research was established with the objective of helping the students acquire the kind of language proficiency necessary to perform and contribute to this globalized and diversified world. In order to do so, the goal of our foreign language education in the global age is to cultivate in our students the foundation to use languages to express themselves, give presentations, as well as conduct debates in a logical and critical manner.