上智大学

学部・大学院 神学部

神学部 | 教育研究上の目的、人材養成の目的、3つのポリシー

神学部 神学科

〔教育研究上の目的〕

神学を中核とし、キリスト教倫理並びにキリスト教文化を包括するカトリシズムをその歴史的変遷を踏まえて教育し、キリスト教的価値観の創造的発展に寄与すること

〔人材養成の目的〕

カトリック教会と国際社会に貢献するために、キリスト教的価値観に基づく教養を備えた地球市民的人材や聖職者・教職者を養成すること

〔ディプロマ・ポリシー〕

本学部では、学生が卒業時に身につけているべき能力や知識を次のように定めています。卒業要件を満たせば、これらを身につけた者と認め、学位を授与します。

  1. カトリック神学とその価値観の基礎を修得し、それにもとづいて現代世界における諸問題に学問的にアプローチし、また実践的にコミットできる能力
  2. 学生が選択した「系」の分野に関して充分に精通し、当該領域の諸問題について分析・考究する能力
  3. 神学を研究するための調査・論考・発表に関するアカデミック・スキルズ
  4. 学生が選択した「系」の分野に沿ったテーマで卒業論文を完成させる能力
〔カリキュラム・ポリシー〕

本学部では、ディプロマ・ポリシーに沿って、次のような科目群によりカリキュラムを編成しています。

  1. カトリック神学の基礎的素養を養う科目群
  2. 学生が選択する「系」(神学系、キリスト教倫理系、キリスト教文化系)に沿って、学生が各自の関心に従い、より専門的に勉学を深めるための選択必修科目群
  3. 神学を研究するための調査・論考・発表に関するアカデミック・スキルズを養う必修科目群
  4. 神学の勉学を総合する卒業論文執筆に向けた、問題解決と発表の能力を育てるための必修科目群
  5. 教皇庁認可神学部共通の国際的学位(STB/STL/STD)を取得するための基準に則した神学専門科目、また教会の必要に応えるための宣教実務に関する科目
〔アドミッション・ポリシー〕

本学部では、カトリック神学を主な教育研究の対象としており、以下のような学生を受け入れます。

  1. キリスト教に関する基本的知識を持っていること。
  2. 異文化や国際性に開かれた柔軟な思考能力があること。
  3. 人間の尊厳と社会正義に関心を持ち、ボランティア活動などの実践にも積極的であること。
  4. カトリック教会と人類社会への貢献を望むこと。

多様な背景をもった学生を積極的に受け入れるために複数の試験制度を設け、日本語の他に英語やそれ以外の語学能力と歴史の知識の試験を行い、面接試験を重視します。また聖職志願者をはじめ社会の多様な人々を受け入れるため、編入学枠を設けています。