上智大学

学部・大学院 史学科

厳密な史料分析から真実を見極める目と問題発見能力を養う

教育方針

歴史学は過去の痕跡=史料を評価・検証し、歴史的事実を見極める作業を通じて、「過去に学び、現在を理解し、未来の指針となる」学問です。まず、今までの固定観念や先入観を捨てて、原史料や先学の研究蓄積に触れる訓練を積み重ね、真実を見る目と、問題発見能力を養います。
次に、自分が調査、考察したことを、論理的かつ客観的に表現する訓練を通して、豊かな知性と、問題に積極的に関与できる力を養います。そして、現代社会を現状固定的にではなく、歴史的に形成されてきたものとして相対的・客観的にとらえ、国際的視野と多元的歴史認識をもって、社会に貢献できる人材を育成します。

カリキュラムの特徴

史学科の専門は大きく「アジア・日本史系」と「ヨーロッパ・アメリカ史系」の2分野に、さらに古代・中世・近世・近現代と時代ごとに細分化されます。1年次には上記2分野と超域史・隣接学の概説から歴史研究の基礎を学び、2年次の分野・時代別プレゼミ(史学教養演習と講読演習)で、専門的な学習方法を学びます。3年次から専門の演習で分析力・考察力を身につけ、4年次で卒業論文を作成します。

教員・研究分野

職名
氏名
現在の専門分野
教授
井上 茂子
ナチ・ドイツ時代を中心に国民統合政策の特徴などを研究
教授
川村 信三
日本戦国期から近世初期にかけての宗教と社会の関係などを研究
教授 坂野 正則 フランス近世の宗教史・社会史を研究
教授
笹川 裕史
中華民国、中華人民共和国の社会史の研究
教授
中澤 克昭
日本中世社会史、特に城館の機能や人と動物の関係史などを研究
教授
長田 彰文
日本外交史、アジア太平洋国際政治史の研究
教授 北條 勝貴
東アジア環境文化史、人類学や民俗学の方法も駆使して自然/ヒトの関係を研究
准教授 大川 裕子 中国古代史、東アジアの水利史・環境史を研究
准教授 中川 亜希 古代ローマ史、ラテン碑文の分析
准教授 山本 成生 西洋中世史、音楽・音楽家の位置付けや教会制度史を研究