上智大学

学部・大学院 文学部

文化と人間を学ぶことで養う、世界の本質に触れる力

現代世界では、外国語ができるだけ、専門技術があるだけでは通用しません。
人間の生き方の元にあるものを考える人文教養の力を養ってこそ、変動する時代や社会に立ち向かえるのです。
さらに芸術・思想・歴史・文学は、人間として生きる意味を発見させるとともに、喜びを味わわせてくれます。

文学部で磨かれる一人ひとりの人間力で世界に羽ばたく人材へ

文学部の魅力は「学生一人ひとりに対面する本当の少人数教育」「欧米の一流大学に匹敵する充実した演習科目」「国際性豊かな専門科目」「1年間以上の卒業論文個人指導」「横断型人文学プログラム」と実に多彩。
核となる専門分野を深く学びながら、広い視野を身に付けることができます。
学生一人ひとりの人間力を、現代世界で活躍できるように育てる力が、上智の文学部にはあります。

学科の壁を超える横断型人文学プログラム

横断型人文学プログラム(IHP)は、学科の専門の枠を超えて、今まで考えてもみなかったつながりを発見する、そんな創造的な学びのチャンスを提供する新しいプログラムです。

学科の壁を超えた3つのコース、「身体・スポーツ文化論」「芸術文化論」「ジャパノロジー」があります。

共通基礎科目
このプログラムの土台となる視点を身に付けるための必修科目です。複数の教員が担当する講義を通して自分の興味のありかを探り、コース選択の助けとします。

個別選択科目
3コースにそれぞれ指定された科目があります。それを各自選択して履修します。共通基礎科目で興味をもった分野の知識を深め、プロジェクト・ゼミに参加する準備をします。

プロジェクト・ゼミ
トピックを決め、研究プロジェクトを立ち上げて成果発表をするまで、全て学生が主体となって行う少人数ゼミです。修了者にはプログラム修了認定証が与えられます。 ※プロジェクト・ゼミの受講には選抜があります。


哲学科

人間の「考える力」と「表現する力」を鍛え上げ、分析力、把握力、洞察力をもって問題に向かう人材を育成します

哲学科

史学科

現在の日本の状況を相対的・客観的にとらえることができ、国際的視野と多元的歴史認識をもった人材を育成します

史学科

国文学科

専門性と学際性を兼ね備えた、次世代の研究・教育を担う人材を養成します

国文学科

英文学科

文学作品の分析を通して、現実に起こる未知の問題に対処するための方法を身に付け、英語と知性を駆使して国際社会のさまざまな難問解決への道を切り開く人材を養成します

英文学科

ドイツ文学科

ドイツ語の習得とドイツ文化の研究を通じて、世界と人間に対する鋭い洞察力と、自己を創造的に表現する高度な言語能力を身に付けた人材を育成します

ドイツ文学科

フランス文学科

単にフランス語能力を身に付けてフランス文化に精通するだけでなく、どのような社会にあっても批判と問題意識をもてる人材、さらに国際的な研究者の養成を目標としています

フランス文学科

新聞学科

新聞・出版・放送・広告の世界を目指す人材の養成はもちろん、一般企業や社会人に必要なコミュニケーション教育を実践します

新聞学科

保健体育研究室

文学部に設置されている研究室で、必修科目「ウェルネスと身体」に関する知識とスキルを提供しています

保健体育研究室