上智大学

学部・大学院 ドイツ語学科

言語の運用能力を総合的に高める語学指導と多彩な地域研究から“ドイツ語圏の現在”に迫る

教育方針

ドイツ語学科では、ネイティヴの教員と日本人教員が連携し、集中的かつ効率的なドイツ語教育を実践しています。1年次よりドイツで出版されている教科書を使用し、コミュニケーション重視の言語教育を行います。それとともに、ドイツ語圏の言語・思想・環境・政治・社会・メディアについての授業も提供し、ドイツ語圏の文化や価値観、思考方法などを理解・共有できる能力を修得してもらいます。ドイツ語や地域研究の専門家を養成するだけでなく、高いコミュニケーション能力と専門的知見・方法論を兼ね備え、国際社会で活躍できる人材を育成することが、本学科の目標です。

カリキュラムの特徴

一般的な留学時期よりも早期にドイツ語圏で半年間勉強できる、「在学履修」制度がカリキュラムの大きな特徴です。さらに交換留学を重ねることで、現地で言葉を学び、文化を経験することができます。またドイツの大学との協定により、学科には多くのドイツ人留学生が在籍しています。国内でも、ドイツ人とともに学び、議論し、文化や価値観の違いを体験することで、国際感覚を磨くことができます。

教員・研究分野

職名
氏名
現在の専門分野
教授 
浅見 昇吾 
ドイツの現代思想に基づく生命倫理の研究
教授 ライノルト・オプヒュルス・鹿島 ドイツ現代文化研究(ディスクール分析):ヨーロッパ映画と大衆文化
教授
河崎 健
ドイツ政治学:ドイツの政党政治
教授 木村 護郎クリストフ ヨーロッパ言語社会論、ドイツ語圏社会研究
教授
高橋 由美子
ドイツ語学、意味論、語用論、説教話などのテキスト分析
教授
高橋 亮介 
理論言語学:ドイツ語を対象とした語彙意味的研究
教授 アンゲラ・リプスキ ドイツ語教育:文法、誤答分析、言語学
助教
川名 真矢
ドイツ語意味論、ドイツ語教育
講師
柳田 ネンシ
言語ポートフォリオによる学習についての研究