上智大学

学部・大学院 実践宗教学研究科

実践宗教学研究科死生学専攻におけるディプロマ・ポリシー

[修士課程(2018年度より博士前期課程)]

現代社会で生じるさまざまな問題に対して、宗教文化や倫理思想的伝統を踏まえて対応する知の領域、さらに人文学とスピリチュアルケアの実習を土台として、医療やケアの現場や地域社会の実践的・臨床的な問題に対応しうる学知の修得者の養成を目指しています。この方針に基づき、本課程では、所定の科目を履修し、かつ研究指導を受けた上で、修士論文を提出し、その審査に合格した学生に修士(文学)の学位を授与します。


[博士後期課程(2018年度より)]

実践宗教学研究科博士後期課程のディプロマ・ポリシーは以下のとおりです。

下記の要件を満たした者に、博士の学位を授与します。

1.宗教学を核とする人文学の高度な専門知識もしくは学際的知識を基礎に、実践宗教学における独立した研究者として学術に貢献できること。
2.研究対象となる実践現場の思想的宗教的基盤および社会背景に深い理解を持ち、実践的課題探求や後進の育成に教育者・実践者として貢献できること。
3.高度な実践的課題探求並びに学術に貢献できる高い水準と独創性を備えた博士論文を完成させること。