上智大学

学部・大学院 法学研究科

法学研究科各専攻におけるカリキュラム・ポリシー

【法律学専攻】
 本専攻は、法律学の諸分野における実定法の研究教育や基礎法・国際法・政治学・比較法などの研究教育をおこないます。
[博士前期課程]
 学部で修得した法学・政治学全般の基礎知識の深化を図り、専攻科目の研究への移行を助け、高度な法的能力および政治の分析力の涵養を目指します。また、社会人については、社会で身につけた知識・経験を専攻科目と関連づけて、専門的視点および分析力の深化を目指します。
[博士後期課程]
 研究者養成を主な目的としながら、既存の法秩序や政治の枠を超えて生起する現代の諸問題の処理能力を養うことに重点を置きます。また、社会で生起するさまざまな問題を論理的に再構成し、より高度な問題を処理できる実務能力を涵養します。
【法曹養成専攻(法科大学院】
[専門職学位課程]
 各年次ごとに法律基本科目を確実に修得することにより、法的考察力の基盤を構築しつつ、本学の特徴ともいえる国際関係法や環境法に関する豊富な展開・先端科目群を展開します。また、法曹倫理、模擬裁判、リーガルクリニック、エクスターンシップなど多種多様な実務科目を配置します。理論と実務の架橋を実現する最適バランスのカリキュラムによって、法曹に求められる確固たる基礎を築くとともに、変わりゆく社会の中で活躍できる法曹の養成を目指します。