上智大学

学部・大学院 理工学専攻数学領域の3つのポリシー

理工学専攻数学領域のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー及びアドミッション・ポリシー

理工学専攻数学領域(博士前期課程)

〔ディプロマ・ポリシー〕

本領域では、数学の発展とその応用に寄与し、その専門知識を社会や次世代に伝えることで人間社会の発展に貢献できる人材の養成を目的に、学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。修了要件を満たし論文審査に合格すれば、これらを身につけた者と認め、学位を授与します。

  1. 数学の基礎知識に加え、それ以外の自然科学分野あるいは社会科学分野との学際分野も含め広範に学ぶことにより、数学の基礎およびその社会への応用について多面的にとらえる力
  2. 数学および関連分野において最先端で活躍できる専門知識を身につけるとともに、真理の探究・理論の発展およびそれを広く社会や次世代に伝えることのできる力
  3. グローバル化の進展に対応するため、社会で活躍できるレベルの英語力
〔カリキュラム・ポリシー〕

高度に発展した数学の理解と新たな真理の探究のため、体系的に専門的知識を学び、自ら思考して新しい数学的知見を創造し、数学の研究とは何かを学ぶとともに、それを広く社会や次世代に伝えて人間社会の発展に貢献できる力を涵養するため、数学領域や他領域の科目を受講し、研究指導を受けさせる。

  1. 数学領域の科目の受講を通じて基礎的知識を得るとともに、他領域および理工共通領域の科目を受講することにより、自分の専門領域以外の分野についても広く知識を得させる。
  2. 数学領域が提供する解析学・代数学・幾何学・数理統計などに関する科目を受講し、これらについて専門知識を得させる。また、特定のテーマについて研究を行い、このテーマと周辺について深い専門知識を得るとともに、研究の進め方、まとめ方、研究倫理などを学ばせる。
  3. 科学技術英語や英語で行われる科目の受講、英語文献の講読、英語による学術講演の聴講、研究成果の英語発表、英語論文の執筆などにより、英語力を向上させる。
〔アドミッション・ポリシー〕

本領域は、次のような資質を持つ学生を求めています。

  1. 数学分野で勉学を行い、研究を遂行することに意欲的である学生
  2. 数学分野で勉学を行い、研究を遂行するために必要な数学の基礎分野および解析学・代数学・幾何学などのうち自らの専門とする分野などに関する基礎学力を有している学生

理工学専攻数学領域(博士後期課程)

〔ディプロマ・ポリシー〕

本領域では、数学の発展とその応用に寄与する高度な専門性を身につけ、社会や次世代に伝えるとともに、その及ぼす影響を総合的にとらえる学際性を持ち、自立して研究を遂行できる人材の養成を目的に、学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。修了要件を満たし論文審査に合格すれば、これらを身につけた者と認め、学位を授与します。

  1. 自分の専門分野だけでなく、関連する学際分野なども含め広範に学ぶことにより、数学とその応用が社会に及ぼす影響を多面的にとらえる力
  2. 数学および関連分野において最先端で自立的に活躍できる専門知識を身につけて創造的な研究を行うとともに、それを広く社会や次世代に伝えて人類の発展や幸福に寄与できる力
  3. グローバル化の進展の先頭に立ち、国際社会にて独立して活躍できるレベルの英語力
〔カリキュラム・ポリシー〕

数学における高度な専門性と関連分野の広範な知識を有し、自立して研究を遂行できる力を涵養するため、演習を受講し研究指導を受けさせる。

  1. 自分の専門分野を中心に数学の基礎的な学術論文や解説書などを精読することに加え、学際分野を含むその他の分野との関連・応用についても広く知識を得させる。
  2. 自分の専門分野において教員の研究指導を受けながら集中して研究を遂行し、このテーマと周辺について深い専門知識を得るとともに、研究の進め方、まとめ方、研究倫理などを学び、研究の集大成として博士論文を提出させる。
  3. 得られた研究成果を国内外にて英語で発表し、また英語論文を執筆投稿し、必要に応じて海外の研究機関にて研究を行い、これらにより英語力を積極的に向上させる。
〔アドミッション・ポリシー〕

本領域は、次のような資質を持つ学生を求めています。

  1. 数学分野にて、自立して創造的な研究開発を遂行することに意欲的である学生
  2. 数学分野にて、自立して創造的な研究開発を遂行するために必要な専門知識と英語力を有している学生