上智大学

学部・大学院 文学研究科哲学専攻の3つのポリシー

文学研究科哲学専攻のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー及びアドミッション・ポリシー

哲学専攻(博士前期課程)

〔ディプロマ・ポリシー〕

本課程では、学生が修了時に身につけているべき能力や知識を次のように定めています。修了要件を満たし論文審査に合格すれば、これらを身につけた者と認め、学位を授与します。

  1. 西洋哲学史全般に関する基礎知識をもとに、各自の研究テーマを掘り下げて、じっくり考える力と、時流に流されない深い学識
  2. 現代社会のグローバルな危機に対して、対症療法に終わらない深い次元から解決の方向を見出す洞察力と賢慮
  3. 複数の外国語(英・独・仏・ギリシア・ラテン)を読む力と難解な古典文献の読解力
  4. 書き言葉と話し言葉の両面にわたる適切な表現の能力および文化的に異なる背景をもった人々を説得できる力
〔カリキュラム・ポリシー〕

本課程では、ディプロマ・ポリシーに沿って、哲学専修コースおよび現代思想コースの2つのコースを設置し、以下のようにカリキュラムを編成しています。

  1. 哲学専修コースでは、古代から中世を経て近・現代へ至る西洋哲学の歴史をふまえて、科学、芸術、文化、宗教のあり方を根本から考えるとともに、哲学の文献研究の基礎を学ばせる。
  2. 古代から近代まで哲学の古典的著作を原典(英・独・仏・ラテン・ギリシア)で精読する文献研究を開設する。
  3. 現代思想コースでは、現代的な視座から哲学の根本問題を考察し、環境、生命、医療など現代社会が直面する多様な倫理的問題をとりあげる。文献研究以外に現代倫理学、美学・芸術学、東洋思想、日本思想、宗教思想などの科目を開設する。
  4. 両コースに共通の必修科目「哲学総合演習A、 B」によって、各自が自分の研究を発表し、討論する機会を設ける。関心の枠を拡げ、質疑応答や意見交換によって哲学的思索を深め、共同研究のやり方を幅広く学ぶ。また授業の一部を英語で行うなど、国際的な研究水準を意識させる。
  5. 入学後に各自の希望によって指導教員を決定し、個別の研究指導を通じて自分の勉学を深め、最終的には修士論文へと結実させる。
  6. 後期課程進学を希望する者は、大学院生の編集する『上智哲学誌』への投稿、上智哲学会での研究発表、『哲学論集』への投稿、などを通じて、学会発表を経験させる。
〔アドミッション・ポリシー〕

本課程は、次のような資質を持つ学生を求めています。

  1. 前期課程は哲学専修コースと現代思想コースの2つのコースがあり、カリキュラム上では必修・選択科目に関して相違点がある。どちらのコースも、本学の哲学科の卒業予定者・既卒者のみならず、他大学他学部の卒業予定者、既卒者、も同じ条件で受験可能。
  2. 哲学専修コースの志望者には、(1)明確な研究テーマと問題意識、(2)哲学の古典的著作を原典で読むために必要な語学力、(3)西洋哲学史に関する基本的な知識、(4)ある程度の長さの論文を作成した経験、がある学生
  3. 現代思想コースの志望者には、(1)明確な研究テーマと問題意識、(2)広汎な社会的・現代的諸問題に対する関心と予備知識、(3)研究遂行のために必要な語学力、(4)ある程度の長さの論文を作成した経験、がある学生

哲学専攻(博士後期課程)

〔ディプロマ・ポリシー〕

本課程では、学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。修了要件を満たし論文審査に合格すれば、これらを身につけた者と認め、学位を授与します。

  1. 論文の個人指導や国内外の研究者との交流を通して得た知識により、学会での発表ができる能力
  2. 複数の外国語(英・独・仏・ギリシア・ラテン)を読む力と難解な古典文献の読解力
  3. 書き言葉と話し言葉の両面にわたる適切な表現の能力および文化的に異なる背景をもった人々を説得できる力
  4. 専門研究者として、大学等の高等教育機関において教育・指導にあたる能力
〔カリキュラム・ポリシー〕

本課程では、ディプロマ・ポリシーに沿って、専門的哲学研究者(大学・短大・高専の教員)の養成を主眼とし、また国際的な舞台で活躍できる人材を育成するよう以下のようにカリキュラムを編成しています。

  1. 哲学の歴史研究においては文献講読を中心とし、古代から現代までを扱う「哲学特殊研究」を複数開設する。
  2. 文献研究以外に、現代倫理学、美学・芸術学、東洋思想、日本思想、宗教思想などを開設する。
  3. 各自が自分の研究を発表し討論する 必修科目「哲学特殊研究A、 B」を開設する。
  4. 後期課程進学後に各自の希望によって指導教員を決定し、個別の研究指導を通じて自分の勉学を深め、口頭発表や論文投稿など学会活動を通じて研究成果を発表しつつ、最終的には博士論文へと結実させる。
  5. 大学院生の編集する『上智哲学誌』への投稿、上智哲学会での研究発表、『哲学論集』への投稿などを通じて、学会発表を経験させる。
  6. 本学の恵まれた条件を活かして海外留学を推奨する。また授業の一部を英語で行うなど、国際的な研究水準を意識させる。
〔アドミッション・ポリシー〕

本課程は、次のような資質を持つ学生を求めています。

  1. 後期課程では専門の哲学研究者の養成に主眼を置くので、①修士論文の一定以上の成績、②文献を読解する語学力、③明確な研究計画と将来設計、をもつことが要求される。
  2. 高校教員や出版社など狭義の研究者以外の職業を目指す者も歓迎する。志望動機とそれを裏付ける勉学の実践、将来像が入学判定の成否となる。