上智大学

学部・大学院 文学研究科英米文学専攻の3つのポリシー

文学研究科英米文学専攻のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー及びアドミッション・ポリシー

英米文学専攻(博士前期課程)

〔ディプロマ・ポリシー〕

本課程では、学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。キリスト教的ヒューマニズムに基づき、英米文学を西欧文明という大きな全体の一環をなす試みとして理解し研究した学位論文を提出し、その審査に合格すれば、これらを身につけた者と認め学位を授与します。

  1. 人文学的な教養を基礎とし、英米文学を歴史、宗教、思想、文化の諸領域との広範なつながりを射程に入れて理解することができる力
  2. 研究や教育を遂行するための高度な英語能力と基礎からの研究能力
  3. 英米の文学・思想・文化、英語学・英語教育について体系的かつ専門的な知識
  4. 専門研究者として大学等の高等教育研究機関において教育や研究に当たるにふさわしい能力(Aコース)
  5. 英語教育を行なう中高教員、その他の職業に従事するための能力(Bコース)
〔カリキュラム・ポリシー〕

本課程では、ディプロマ・ポリシーに沿って、高度な英語能力と英米文学・思想・文化、英語学・英語教育についての知識が獲得できるよう、以下の趣旨を盛り込んだ科目によってカリキュラムを編成しています。

  1. 特別講義・演習をバランス良く受講し、体系的かつ専門的な知識を身につけるように指導する。1年次はアドヴァイザーによる研究指導を受け、2年次は専門分野の指導教員(メンター)のもとで研究を進める。
  2. 修士1年で「文学研究法I」(日本語)と「文学研究法II」(英語)を必修として開設し、リサーチ、研究発表、論文執筆を英語と日本語で行えるようになることを目指して基礎力を養う。
  3. 大学教員、中高教員、あるいは英語英文学における知識や技能を生かした進路に進むための訓練をする。
  4. Aコース(後期課程進学コース)の学生は、2年次にメンターによる研究指導を受けながら修士論文(英語)を作成し、後期課程に進み専門研究者となることを目指す。
  5. Bコース(前期課程完結コース)の学生は、2年次にメンターによる研究指導を受けながら修士論文(英語・日本語)あるいはリサーチ・ペーパーを作成し、研究の基礎を学ぶ。
〔アドミッション・ポリシー〕

本課程は、次のような資質を持つ学生を求めています。

  1. 研究分野に対する積極的な関心と、学業への誠実な意志を持っている学生
  2. 研究を遂行する為に必要な優れた語学力と英米文学、英語学・英語教育分野における基礎的知識を有している学生
  3. 大学、中高において、専門技能を生かした研究や教育にたずさわるか、あるいは高度な英語力と専門知識を生かす職業に従事する目的を持っている学生

英米文学専攻(博士後期課程)

〔ディプロマ・ポリシー〕

本課程では、英米文学・英語学・文化研究の専門研究者として学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。学位論文を提出し、その審査に合格すれば、これらを身につけた者と認め、学位を授与します。

  1. 人文学としての文学研究という視点から、専門的知識と共に広い分野における知識
  2. 指導教授(メンター)による研究指導を受け、英米の文学・思想・文化、英語学・英語教育についての専門研究にたずさわることができる力
  3. 独自の研究テーマを探求する技能
  4. 大学、その他の研究機関における教育研究職に従事するための英語力と技能
〔カリキュラム・ポリシー〕

本課程では、ディプロマ・ポリシーに沿って、専門研究者となるための研究方法を修得し、専門テーマに関する研究を行うことができるよう、以下の趣旨を盛り込んだ科目によってカリキュラムを編成しています。

  1. リーディング・コースを毎年履修し、専門的知識を獲得すると共に、幅広い視野を身につけるように指導する。
  2. リサーチを進め、学内外で研究発表を行い、研究論文を公表するように指導する。
  3. 博士予備論文作成を指導する。
  4. 英語運用能力の向上を図り、英語圏の大学や研究機関に長期あるいは短期留学できるよう指導する。
  5. 博士論文のテーマを定め、博士予備論文を執筆し、博士号取得に向けた研究を進めるように指導する。
〔アドミッション・ポリシー〕

本課程は、次のような資質を持つ学生を求めています。

  1. 研究分野への真摯な関心と、学問に対する誠実な意志を持っている学生
  2. 研究を遂行するために優れた語学力と、英米文学、英語学・英語教育分野における専門知識を有している学生
  3. 大学において、専門技能を生かした研究や教育にたずさわる目的を持っている学生