上智大学

学部・大学院 総合人間科学研究科社会福祉学専攻の3つのポリシー

総合人間科学研究科社会福祉学専攻のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー及びアドミッション・ポリシー

社会福祉学専攻(博士前期課程)

〔ディプロマ・ポリシー〕

本課程では、人間の尊厳を尊重し、福祉社会の実現と創造的進歩に貢献できる人材の養成を目的として、学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。修了要件を満たし論文審査に合格すれば、これらを身につけた者と認め、学位を授与します。

  1. 社会福祉における基本的理念、高度な専門知識と実践能力、研究能力
  2. 福祉政策・運営管理と福祉臨床の両領域について幅広い知識を修得し、福祉社会を構築するうえでの実践能力
  3. 理論と実践・臨床を統合することによって、現代社会における課題解決に向けた多角的な分析能力
  4. 「研究者養成プログラム」では、福祉社会をデザインし作り出す実証研究能力を身につけ、学術雑誌や国際学会等で研究成果を発信する能力
  5. 「高度福祉専門職養成プログラム」では、福祉臨床の知識・技術を身につけ、政策立案や臨床の現場で指導的役割を果たせる実践能力
〔カリキュラム・ポリシー〕

本課程では、ディプロマ・ポリシーに沿って、狭義の社会福祉を超えた新しい福祉社会の実現に貢献する人材育成のために、「研究者養成プログラム」と「高度福祉専門職養成プログラム」を用意し、以下の趣旨を盛り込んだ科目によってカリキュラムを編成しています。

  1. コアカリキュラムの「社会福祉研究法基礎」、「福祉政策運営管理研究法基礎」、「福祉臨床研究法基礎」を通して、社会福祉学で求められる多角的な研究法を学ぶ。
  2. 「福祉政策・運営管理系科目」と「福祉臨床系科目」を通して、社会福祉学で必要とされる幅広い領域を学ぶ。
  3. 「社会福祉フィールドワーク」と「援助事例分析」「社会政策・経営事例分析」を通して、理論と実践の統合を行い、現状や課題を多角的に分析する力をつける。
  4. 「研究者養成プログラム」では、コアカリキュラムにより研究法を深めるとともに、英語開設科目を通して英語による研究発信の方法・技術を学ぶ。
  5. 「高度福祉専門職養成プログラム」では、おもに臨床や福祉各分野・課題に関する科目を通して福祉臨床の知識・技術を実践的に学ぶ。
  6. 上記のカリキュラムおよび研究指導を通して修士論文をまとめ、その審査および最終試験に備える。
〔アドミッション・ポリシー〕

本課程は、次のような資質を持つ学生を求めています。

  1. 社会福祉学のみならず保健医療、経済学、法学、社会学、心理学など他分野を学んできた学生
  2. 「高度福祉専門職養成プログラム」では福祉や保健医療等の現場で高度な専門性を発揮し、リーダーとして活躍しようとする学生
  3. 本学社会福祉学科や上智社会福祉専門学校において優秀な成績を収め、さらに社会福祉の勉学を深め研究法を身につけようとする学生

社会福祉学専攻(博士後期課程)

〔ディプロマ・ポリシー〕

本課程では、人間の尊厳を尊重し、福祉社会の実現と創造的進歩に、自立した研究者として貢献できる人材の養成を目的として、学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。修了要件を満たし論文審査に合格すれば、これらを身につけた者と認め、学位を授与します。

  1. (博士前期課程で身につけた)社会福祉における基本的理念、高度な専門知識と実践能力、研究能力をより高め、独創的な知見を生み出すことができる力
  2. 福祉政策・運営管理と福祉臨床の両領域についての幅広い知識をさらに深め、福祉社会を構築するうえで必要となる高度な分析能力、実証研究能力
  3. 学術雑誌への投稿、国際学会等での報告において研究成果を発信し、議論する能力
〔カリキュラム・ポリシー〕

本課程では、ディプロマ・ポリシーに沿って、新しい福祉社会の実現に向けて国際的にも貢献できる人材育成のために、以下の趣旨を盛り込んだ科目によってカリキュラムを編成しています。

  1. 指導教員による研究指導のもと、国内外の先行研究レビューや調査実施等により、研究のテーマ・方法を絞り込み研究を進めていく。
  2. 福祉政策・運営管理系および福祉臨床系のコース・ワークを通して、社会福祉学の研究を進めるうえで求められる多角的な視点や研究方法を学ぶ。
  3. 英語開設科目を通して英語による研究の発信や議論についての方法・技術を学ぶ。
  4. 上記の研究指導およびカリキュラム、さらにコースワークの研究法特殊講義を通して博士学位申請論文をまとめ、その審査および最終試験に備える。
〔アドミッション・ポリシー〕

本課程は、次のような資質を持つ学生を求めています。

  1. 社会福祉学のみならず保健医療、経済学、法学、社会学、心理学など他分野で博士前期課程を修了した学生
  2. 本専攻博士前期課程おいて優秀な成績を収め、さらに研究を深め社会に貢献しようとする意欲的な学生