上智大学

学部・大学院 総合人間科学研究科心理学専攻の3つのポリシー

総合人間科学研究科心理学専攻のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー及びアドミッション・ポリシー

心理学専攻(博士前期課程)

〔ディプロマ・ポリシー〕

本課程では、キリスト教ヒューマニズムに基づく人間の尊厳を守る社会を実現するために、心理学の知識の理解、研究方法の修得や実践を通し、学修の成果を研究活動として結実させ、心理学の専門家・専門職として社会に貢献できる人材の養成を目的として、学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。修了要件を満たし論文審査に合格すれば、これらを身につけた者と認め、学位を授与します。

  1. 基礎心理学コース、臨床心理学コースの両コース共に、心の働きの実証的理解、心と行動の普遍性およびその多様性と可塑性の理解、心理学の社会的役割の理解
  2. 心を生み出す仕組み(機構)と心理学の諸理論の正確な理解を踏まえて、人間についてより深く理解する力
  3. 専門職業人として、本学の建学の理念である「隣人性」「国際性」を達成するために、基礎分野および臨床分野(医療、教育、福祉等)で活かすことのできる知識や技術、それを的確に伝える力
  4. 多様な他分野、多職種との連携が可能となる広い知見
〔カリキュラム・ポリシー〕

本課程では、ディプロマ・ポリシーに沿って、心と行動の仕組みとその働きを理解し、心理学の専門的知識と技能を用いて、広く社会に貢献できる人を育てるために、臨床心理学コース、基礎心理学コースの2つのコースを設け、以下の趣旨を盛り込んだ科目によってカリキュラムを編成しています。

  1. 心理学の専門家としての基盤を作るために、1年次、2年次に、研究法に関する科目、各心理学の専門領域に関する科目を開設する。
  2. 学修の成果を研究活動として結実させるために、1年次、2年次の2年間を通して、論文演習を開設する。
  3. 臨床心理学コースにおいては、臨床心理士として必要とされるさまざまな知識や技能を具体的な臨床事例に即して得、実習や実践を通してより一層深められるよう必修科目を開設する。
  4. 学部生の指導やチューターをする中で、自分自身の学びを深めることができる実習科目を開設する。
〔アドミッション・ポリシー〕

本課程は、次のような資質を持つ学生を求めています。

  1. 心理学に関する基礎から応用分野での高度な専門的知識と、実証的データ収集、解析技能、臨床的な実践的知識や技能を身につけることを目的としている。このための心理学の専門家として、自律的に研究を遂行する意欲と能力を備えた学生
  2. 人間の尊厳を尊重し、他者に対する暖かなまなざしをもつと同時に、事象を論理的かつ客観的に分析できるセンスをもつ学生
  3. 将来、さまざまな実践の場で他分野の専門家と対等に議論するために、知識修得の意欲をもち、柔軟に考え、多様な専門家と協力できる学生

心理学専攻(博士後期課程)

〔ディプロマ・ポリシー〕

本課程では、キリスト教ヒューマニズムに基づく人間の尊厳を守る社会を実現するために、心理学の知識の理解、研究方法の修得や実践を通し、学修の成果を研究活動として結実させ、論文の形で問うことができるようにします。「心」を探求する専門的な知識と経験を、総合的視野に立って駆使し、研究者・教育者として社会に貢献できる人材の養成を目的とし、学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。修了要件を満たし論文審査に合格すれば、これらを身につけた者と認め、学位を授与します。

  1. 心理学の多様な分野での知見を深め、臨床的視点をもつ研究者、研究者の視点をもつ実践家となる力
  2. 科学的視点を基盤にし、様々な場で対人支援を実践できる専門家としての能力
  3. 自身の専門領域を深め、学会誌、国際学会などでの発表を踏まえ、博士論文としてその成果をまとめるとともに、広く発信する力
  4. 多職種連携を必要とするがん医療の分野をはじめとする喫緊の課題解決に資する能力
〔カリキュラム・ポリシー〕

本課程では、ディプロマ・ポリシーに沿って、「心」を探求する専門的な知識と経験を、総合的視野に立って駆使し、研究者・教育者・臨床家として社会に貢献できるよう、心理学の基礎から応用にわたる研究法、高度な先端的知識を身につけるよう、以下の趣旨を盛り込んだ科目によってカリキュラムを編成しています。

  1. 心理学の研究者・教育者・臨床家として必要な先端的知識、専門的技能を修得し、それを様々な場で発信することができるように、1年次から3年次にかけて、講義科目と演習形式による論文演習を開設する。
  2. 博士論文の構想発表までに、査読論文2本を書く。このためには、学会などの様々な機会を通して、自らの研究を発表し、他の研究者との研鑽をしていく。
  3. 学部生、博士前期課程の学生に対する心理学研究法などのチューターを通して、心理学の知識や技能をより深めるとともに、研究者・教育者・臨床家として、それを他者に伝えるための技能を得させる。
  4. がん医療関連科目として4大学院連携(上智大学、東京慈恵会医科大学、昭和大学、星薬科大学)の連携授業を履修することを認める。
〔アドミッション・ポリシー〕

本課程は、次のような資質を持つ学生を求めています。

  1. 心理学に関する基礎から応用分野での高度な専門的知識と、実証的データ収集、解析技能、臨床的な実践的知識や技能を身につけている学生
  2. 将来、心理学の研究者、教育者、実践家として活躍できるような、人間の尊厳を尊重し、他者に対する暖かなまなざしをもつと同時に、事象を論理的かつ客観的に分析できるセンスをもつ学生
  3. 心理学の高度な専門的知識や自らの研究の成果を、論文などの形でまとめ、それを他者に的確に伝えることのできる学生