上智大学

学部・大学院 経済学研究科経営学専攻の3つのポリシー

経済学研究科経営学専攻のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー及びアドミッション・ポリシー

経営学専攻(博士前期課程)

〔ディプロマ・ポリシー〕

本課程では、学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。修了要件を満たし論文審査に合格すれば、これらを身につけた者と認め、学位を授与します。

  1. 経営学、マーケティング論、会計学あるいはこれらの周辺領域から選択された少なくとも一つの専門分野を深く理解する力
  2. 本学の精神に基づき、世界の人々の生活向上や世界の企業のさらなる繁栄に寄与する独創的、先進的研究を行う力
〔カリキュラム・ポリシー〕

本課程では、ディプロマ・ポリシーに沿って、本学の精神を基礎として個々人の能力に沿い、個性を活かした成長を目指すよう、以下の趣旨を盛り込んだ科目によってカリキュラムを編成しています。

  1. 経営学、マーケティング論、会計学の各分野における標準的科目を配置する。
  2. 少人数クラスにおいて、履修している学生の研究テーマや理解度を勘案しながら講義する。
  3. 基礎と応用のバランス講義内容は、理論構築の基礎となる調査研究方法論(統計や社会調査技法)から、基礎的理論、現実の経営現象への応用まで広範囲にわたり、基礎と応用のバランスを考慮する。
  4. 伝統的・標準的な文献講読タイプだけでなく、現実の事例に基づくケース・ディスカッション、データ分析の実習など多様な講義形式を科目特性や講義内容に応じて開設する。
  5. 論文テーマの設定、その分析枠組みの選択、分析・考察および論文作成の各段階において、指導教員を中心とした3人の教員から構成される審査・指導グループが指導する。
〔アドミッション・ポリシー〕

本課程は、次のような資質を持つ学生を求めています。

  1. 経営学、マーケティング論、会計学の中の少なくとも一つについて学部卒業レベルの基本的な知識を修得している学生
  2. 学部卒業レベルの基礎的な英語力を有している学生
  3. 社会人として企業での実務経験を有し、それを背景とした研究計画と勉学意欲を持つ学生

経営学専攻(博士後期課程)

〔ディプロマ・ポリシー〕

本課程では、学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。修了要件を満たし論文審査に合格すれば、これらを身につけた者と認め、学位を授与します。

  1. 学術性の高い研究課題を設定し、経営学、マーケティング論、会計学の適切な枠組みを用いて考察・分析を行う力
  2. 自立した研究者として独自の研究を遂行し、研究で得た知見や洞察を用いて世界や社会の発展に貢献する力
〔カリキュラム・ポリシー〕

本課程では、ディプロマ・ポリシーに沿って、経営学、マーケティング論、会計学あるいはこれらの周辺領域から選択された研究課題に対する知見の深まりとその分析能力の高度化を目指すよう、以下の趣旨を盛り込んだ科目によってカリキュラムを編成しています。

  1. 指導教員による研究指導を通じて、理論を基礎とする現象分析や理論の現実への応用を可能とする高度な研究能力を涵養する。
  2. 会計学、マーケティング論、経営学の分野の科目を開設する。
  3. 国内あるいは海外の学会での発表、国内外の学術雑誌への論文投稿を推奨する。
〔アドミッション・ポリシー〕

本課程は、次のような資質を持つ学生を求めています。

  1. 経営学、マーケティング論、会計学の中の少なくとも一つについて博士前期課程レベルの知識を修得している学生
  2. 研究課題を適切な枠組みを用いて分析し、学術的な位置づけを明確にしながら論理的に記述できる学生