上智大学

学部・大学院 神学研究科

前期課程では、カトリック教会の教授資格を目指してカトリック神学を体系的に研究する組織神学コース、聖書研究の方法論を身に付ける聖書神学コース、全人教育に資するキリスト教人間学を多角的に研究するキリスト教教育コースおよび教会での奉仕の現場にたずさわる人々の養成を目指す宣教実務者コースを設置。

また研究者養成を主目的とする後期課程では、教育訓練も組み込んでいます。カトリック司祭・修道者とカトリック学校での宗教科教員の養成、および自己のキリスト教信仰を客観的・批判的に省察することにより教会に貢献できる人材養成を主目的とします。


神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)

カトリック神学は、2000年の歴史を持つ学問です。神学専攻は、この神学を基礎的・中心的研究対象としながらも、同時にまた、世界的視野のもとに、他の思想・文化・宗教との対話の重要性にも注意を払っています。

神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)