上智大学

学部・大学院 理工学専攻物理学領域

物理学を基盤とした先端的研究による人材の育成

物理学は自然現象を包括的・統一的に理解することを目的としています。従って自然科学の基礎であると同時に、物性物理から素粒子物理と、広範な領域を持っています。さらに近年の技術の高度化と学問体系の複雑化により、基礎物理学とともに応用物理学の分野もかなり重要となってきました。これらの幅広い分野を学部だけで十分に学習することは難しいために、大学院の果たすべき役割は大きくなってきています。本領域では古典物理および現代物理の基礎を修得し、特定の研究課題を深く究めることで、独創性を養い、創造的な学問の神髄と探求の喜びに触れられるように研究・指導を行っています。

博士前期課程においては研究の進め方と考え方、独創性、高度な基礎学問の幅広い知識と技術の修得を目指します。この課程の就職に関しては学部卒に比べて優先的求人が多い傾向が見受けられます。卒業後の進路は多岐にわたり、多くの学生が製造・情報・通信をはじめとしたさまざまな分野で活躍しています。また年々、大学院への進学希望者が増えていることに対応して、より多くの学生に高度な教育を受け、研究能力を育む場を提供する体制を整えるよう努力しています。博士後期課程は、前期課程で培った知識をもとにさらに高度な研究を目指す場となっており、後期課程を修了していても、就職についてそれほど困難はなく、むしろ歓迎される傾向があります。

多岐にわたる研究分野

大学院の研究分野は、原子核物理学、物性物理学の理論的研究や、原子・分子物理学、固体物理学、光物性物理学、表面・界面物理学の実験的研究と、多岐にわたっています。

少数精鋭教育

異なる研究室間での合同ゼミナールや、外部からの招待講演会なども領域全体で開催しています。これらはさまざまな分野の教員や大学院生が一緒に参加して活発に論議する場になっています。また、少数精鋭も本領域の教育の特徴です。

修了生の最近の主な研究テーマ

  • 正三角形スピンチューブCsCrF4の基底状態における磁気構造
  • 1次元膨張するクォークグルーオンプラズマに対する流体揺らぎの効果
  • パラ水素二電子励起状態からのLyman-α光子放出
  • 太陽風起源X 線遷移の実験室観測
  • 低速極性分子と極低温イオンとのイオン分子反応過程の研究
  • ペロブスカイト結晶CH3 NH3 PbBr3の光学特性
  • 原子層膜堆積法による酸化ビスマスの成長
  • 電子衝撃による水分子のã3 B1 、Ã’B1励起断面積の測定
  • 電子衝撃による希ガス原子の光学的許容遷移に関する研究
  • GaNおよびInGaN/GaN ナノコラム結晶の光学特性
  • 量子ネットワークモデルによる新規な輸送現象の研究
  • 磁性強誘電体における相制御及び新規物質探索
  • ペロブスカイト酸化物におけるAサイト規則配列の効果
  • κ型BEDT-TTF 系有機超伝導体において量子ゆらぎによって誘起される新奇な磁束状態のNMR による研究
  • 四面体構造を持つ擬一次元反強磁性体の磁性
  • 窒化物半導体ナノコラム結晶のラマン散乱
  • 多体系での有効相互作用の理論
  • 電子系の応答関数と相転移の理論