上智大学

学部・大学院 理工学専攻機械工学領域

「ものづくり」のための基礎研究・応用研究

今日の日本の繁栄は世界一流の工業のおかげであることが改めて認識されています。その産業で重要な役割を担っているのが機械工学です。
機械工学は、あらゆる産業の原点であり、すべての産業は機械工学なしには考えられません。この機械工学を担う人材を育成することが本領域の目的です。博士前期課程では高度な科学文明社会に対応できる専門職業人を、博士後期課程では優れた研究者を養成します。材料力学、機械力学、熱工学、流体工学、精密工学、制御工学、材料科学など機械工学の各分野を専門とする教員からなる領域です。
各教員は、ものづくりをキーワードとして機械工学にかかわる最先端の研究を進めています。本領域では日本の「ものづくり」の優れた技術者と研究者を育成していると確信しており、本領域を修了した研究者は非常に幅広い分野で活躍しています。

優れた研究

教員は日本機械学会のみならず、幅広く数多くの学会で活躍しており、科学研究費補助金のほかにも各省庁の競争的資金を獲得し、世界に並ぶ研究を行っています。

ハードからソフトに対応する技術者・研究者の育成

アジア各国から多数の留学生を受け入れており、演習等においても国際的な視野に立った討論や分析・検討が日常的に行われています。多くの卒業生が国内外の高等機関、国際機関、大学などで活躍しています。

修了生の最近の主な研究テーマ

  • XFEM によるクラッド鋼CT 試験片の疲労き裂進展解析
  • CFRP 積層板のCAI 強度評価に関する数値解析手法の研究
  • 頭部外傷解析のための頭部有限要素モデルの開発
  • 脳損傷解析における交通事故時頭部複数回衝撃の再現手法に関する研究
  • ゴルフのスイング動作解析によるクラブの評価指標の構築
  • 前庭感覚系を考慮した簡易人体モデルの開発
  • 火災旋風の非定常特性に関する数値解析的研究
  • 気道モデル内の粒子輸送に対する吸入条件及び粒子径分布の影響
  • カーボンフリーな社会に向けたアンモニア燃焼エンジンの開発およびCFD 解析
  • 扁平型フィン付きヘリカルサブクールコンデンサーの研究開発
  • エンジン冷却水路内の強制流動核沸騰熱伝達に関する実験的研究
  • エンジン筒内の冷却損失予測モデルの開発および制御器への実装
  • ハイブリット自動車のエネルギ最適化のための学習アルゴリズム構築
  • MaaS に向けたシステム最適化と学習理論に関する研究
  • 合流中の車速パターン最適化とエネルギーマネジメントを統合したHEV の階層的制御器の研究
  • エンジン駆動パワーの調整による燃費最適なPnG 方式の検討
  • 複合組織型自動車用高強度鋼の水素脆化に関与する因子の検討
  • 焼戻しマルテンサイト鋼の水素存在状態と水素脆化き裂の発生・伝播挙動に関する研究
  • 積層造形した医療用金属材料の微細構造制御と強度・破壊・疲労特性に関する研究
  • 変形性膝関節症や前十字靭帯断裂などの予防や再建に関する工学からのアプローチ