上智大学

学部・大学院 総合人間科学研究科

総合人間科学研究科

人間の尊厳を基盤とし、科学の知、臨床の知、政策・運営の知にかかわる学際的教育・研究を行い、理論と実践・臨床を両輪として社会に貢献しうる人材を育成します。

前期課程では、実践・臨床の場で活躍できる高度専門職業人及びこれらの場を視野に入れた研究者の養成を目指し、後期課程では、実践・臨床的知見を踏まえ学問的に貢献しうる人材の育成を目指します。


教育学専攻

理論と実践の両面にわたって研究を行い、国際化時代に求められる現実科学としての教育学を究めています

教育学専攻

心理学専攻

心理学の「基礎」領域と「臨床」領域を専門とする教員がバランスよく配置されており、双方を幅広く学ぶことができます

心理学専攻

社会学専攻

幅広い専門領域をもつ教員が所属し、現代社会の重要な側面を取り扱うバラエティー豊かな専門科目が開講されています

社会学専攻

社会福祉学専攻

従来の社会福祉学専攻には見られない斬新なカリキュラムを編成し、理論と実践とを統合する新しいタイプの大学院教育を進めます

社会福祉学専攻

看護学専攻

特色ある研究分野と看護の教育・研究・臨床から得た知見を地域・国際社会に還元し、社会に貢献できる人材を養成します

看護学専攻