上智大学

学部・大学院 地球環境学専攻

SDGsの実現に向けて地球環境問題に取り組むグローバルな人材を育成

現在、我々が直面している環境問題は、地球温暖化、廃棄物問題と循環型社会づくり、化学物質の環境リスク、大気と水の保全、自然資本と生物多様性の減少など、人々の日常生活や事業活動が原因で発生しているものです。このような環境問題に対処するためには、SDGs(国連持続可能な発展目標)の実現に向けて、環境教育やESD(持続可能のための教育)を一層向上させ、人間活動を変革し、健全で恵み豊かな環境を守りつつ、新たな経済発展を実現できる社会(持続可能な社会)をつくり上げる必要があります。このために、上智大学では、社会科学と自然科学を融合し、より高度な研究・教育を行う「地球環境学研究科」(地球環境大学院)を設置しています。教員は、法学、経済学、政策学、経営学、社会学、理・工学などの多様な分野の国内外の専門家から構成されており、非常勤講師は、現在の日本の環境研究をリードする第一線の研究者にお願いしています。また、日本語コースに加えて、英語のみで履修することができる国際環境コースが設置されており、アジア地域、アフリカ、南米、欧米など世界各地から多数の留学生を受け入れています。このため、地球環境学研究科では、自らの問題や関心に応じ、グローバルな視野に立った水準の高い教育と指導を受けることができます。

体系的なカリキュラム編成、広い領域にわたる開講科目

研究レベルの高さは国際学術誌への数多くの論文発表と、競争的研究資金獲得の実績によって裏づけられています。最先端の研究を大学院生とともに進めています。

理論と実践の融合

基礎理論を学習するだけではなく、コンピュータ、企業の環境報告書などを使用し、実践度の高いスキルの開発を目指します。また、企業の環境問題への取り組みが高まる中で、実際の経済活動、企業経営に結びついた科目を多数提供しています。

社会人にも学ぶ機会を提供

企業や地域社会で活躍する人から、環境問題を深く学習したいという要望が多く寄せられています。そこで、地球環境学研究科では、一部の授業を土曜日及び平日の夜間に開講するなど、社会人が在職しながら学べる環境を整えています。

修了生の最近の主な研究テーマ

  • 環境的付加価値農産物の提供と地域活性化の関係性─消費者の持続可能性に対する 知覚プロセスからの一考察─
  • 環境影響評価指標を応用した企業評価に関する研究─環境会計の再構築をめざして─
  • 新規懸念物質の環境リスク─多環ムスク香料の淡水生態系への影響
  • 動物園における絶滅危惧種に関する環境教育─動物園の取り組みを中心に
  • 日本におけるCCS の実用化に向けたリスクコミュニケーションの現状と課題─米国と日本の環境NGO の比較研究─
  • Application and Contribution of Traditional Ecological Knowledge to Food and Water Security in the Arid and Semi Arid Lands: Case Study of Central Turkana, Kenya
  • Improving customer attitudes and loyalty by product recycling: An empirical study on the Chinese mobile phone industry
  • Climate Change and Collapse: An Environmental History Research on the Little Ice Age in the Middle East and North Africa
  • How May Japan's Disposable Housing Culture Limit Progress Toward a Green Transformation of its Urban Residential Housing Sector?
  • Research on the Commonality and Regularity of Water related to Music Works
  • Estimation of Pollution Loading from Human Dietary; A Case Study of Ramen
  • Customer preferences for environmental sustainability in a product's pre-use phase, use phase, and post-use phase: the case of wrist watches
  • The role of traditional knowledge in the conservation of forest medicinal plants: A case study of communities around Matandwe forest reserves in Nsanje, Malawi

大学院生も発表できる学術雑誌

地球環境学研究科の大学院生は、教員、修了生、その他の研究者とともに「上智地球環境学会」が主催するシンポジウム、セミナー、研究会などに参加し、学会誌『地球環境学』の姉妹誌『地球環境学ジャーナル』に優秀修士論文を掲載することができます。
〈 地球環境学研究科Web サイト 〉http://www.genv.sophia.ac.jp/