上智大学

ニュース 【人文社会】財団・民間等の研究助成の募集情報のお知らせ(2019年10月1日現在)

【人文社会】財団・民間等の研究助成の募集情報のお知らせ(2019年10月1日現在)

【人文社会】財団・民間等の研究助成の募集情報のお知らせ(2019年10月1日現在)

10月1日現在の、財団・民間等の研究助成(人文社会)の募集情報をお知らせいたします。詳細については、各リンク先を参照してください。

  • 本学を通じて申請書類を提出する場合は、遅くとも募集締切日の1週間前までに、研究推進センターへご提出下さい。
  • 学部長・学科長の推薦が必要な場合は、各学部・学科事務にご相談下さい。
  • (公財)助成財団センターのホームページ( http://www.jfc.or.jp/)上の、約1,600件の助成財団を収録したデータベースから募集情報を入手することも出来ます。また、研究推進センターでは、同財団の発行しているガイドブック「研究者のための助成金応募ガイド2018」(http://www.jfc.or.jp/profile/publication/)の閲覧、貸出も行っております。

●問合せ先 
研究推進センター (13号館4階※)
 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
  Tel. 03-3238-3173/Fax. 03-3238-4116
  e-mail : g_rant-co@sophia.ac.jp
 ※ 【参考】四谷キャンパスマップ

【New!】新着情報(9月15日~9月30日到着分)

団体名称 助成名称
応募要領等
分野
応募資格等
締切
(公財)ヤマハ発動機スポーツ振興財団 2020年度(第14期生)スポーツチャレンジ研究助成
応募要項
〈助成対象〉
スポーツ医・科学、スポーツ文化など、スポーツに関連する幅広い学問分野から、我が国のスポーツ普及・振興や競技水準向上につながる、自然科学・人文社会における学術的価値の高い学問・研究に対して助成を行うことにより、チャレンジの加速や更に高い目標へのチャレンジを応援する。
〈区分〉
・基本:満40歳未満(応募時)。国籍不問。(教授職または教授職相当の職位の方は除く。)
・奨励:大学院博士課程(博士後期課程)に在籍中または学位未習得者。満30歳未満(応募時)の方。国籍不問。
電子申請:10/31(正午入力締切)

※一次通過者は原本提出の為、保管
(公財)たばこ総合研究センター 2020年度 研究助成
募集要項
・人文科学・社会科学分野の研究。
【研究テーマ】
1.嗜好品、あるいは嗜好品に関連する産業や企業に関する歴史・文化等の研究
2.嗜好品の摂取・利用が、人間の心理・行動・価値観・欲求・健康観・幸福感、あるいは社会に与える影響の研究
3.上記1、2以外の人文科学・社会科学の分野における嗜好品に関する研究
12/2
(公財)日本生命財団 2020年度ニッセイ財団 児童少年の健全育成 「実践的研究助成」(2年助成・1年助成)
募集要項

【助成内容】
・第1分野 健全育成のための教育、周到な準備図る分野
・第2分野 健全育成にとって喫緊の対応を要する分野
【応募資格】
・2年助成:研究者、または実践家
・1年助成:研究者、または実践家 ※大学院博士課程在籍者も対象
2020/3/16
メトロポリタン東洋美術研究センター 令和2年度研究助成
募集要項
注意事項
規定
【専攻分野】
19世紀以前の日本美術並びに東洋美術及びそれに関連する古典作品研究及び調査
【応募資格】
公募要領送付対象機関に在籍する研究者及び大学院生(博士課程以上)
10/25

現在募集中の情報(9月14日までの受付分)

団体名称 助成名称
応募要領等
分野
応募資格等
締切
(公財)電気通信普及財団 2019年度海外渡航旅費援助
募集要項
情報通信の普及、振興発展に資するため、情報通信に関する研究(人文・社会科学
 分野及び技術分野)を行う研究者が、海外で開催される国際会議などで研究発表を行う
 ための渡航費用の一部を援助する。
地域別 援助金額上限 (単位;万円)欧州29、北米25、オーストラリア23、東南アジア19、中国17、韓国11等
通年で募集:6月、8月、10月、12月、2月の各1日までに、それぞれ翌月 1 日から6ヶ月先までに開催される学会への参加について申込みを受け付けます。 
(公財)メルコ学術振興財団 2019年度 第二次研究助成
募集要項
・対象分野:日本企業で実践されている優れた管理会計実務の定式化又は理論化に関する研究。特に管理会計技法、管理会計システム、事業継承システム、およびそれに関連する管理システムを対象とする研究。

・研究助成A(研究者・博士後期課程大学院生)
・研究助成B(博士後期課程大学院生)
10/10
(公財)メルコ学術振興財団 2019年度 第二次国際研究交流助成
募集要項
・対象分野:管理会計学の研究を促進するための次に該当する国際研究交流。
(ア)大学院生学会派遣:海外で開催される学会への大学院博士前期課程及び博士後期課程に在学する大学院生の派遣。(今年度最大年4回募集)
(イ)学会報告派遣:海外で開催される学会またはワークショップ等(博士後期課程院生・若手研究者用のものを含む)への派遣。(今年度最大年4回募集)
(ウ)短期派遣:海外における大学等の研究機関への派遣。
(エ)中期派遣:海外における大学等の研究機関への派遣。
(オ)招聘:海外の研究機関に所属する優れた研究者の国内への招聘。
10/10
(公財)メルコ学術振興財団 2019年度 第二次出版助成
募集要項
【応募資格】
管理会計学及び関連領域の研究成果の出版。この出版には優れた翻訳書も含みます。原則として、採択された研究成果は、本財団の研究叢書として出版社から公刊します。
・2020年1月1日~6月末日の間に研究成果を本財団研究叢書として財団指定の出版社から出版できるものに限る。ただし、出版物の仕上り上限をA5版横書き350ページ以内とします。
10/10
(公財)中山隼雄科学技術文化財団 2020年度 調査研究者
募集要領
第6回夢のゲーム研究アイディアの入賞作品を基に企画委員会が作成した次の課題から1つを選択
①プログラミング的思考力育成ゲーム
②生活のゲームデザイン
応募者は、研究課題や課題設定の背景及び受賞作品の表現や発想などを基にしながら、新たな創意を自由に加えて独創性に優れたご自身の作品としてください。
※大学院生は指導教員の推薦が必要
10/15
(公財)中山隼雄科学技術文化財団 2019年度 助成研究「助成研究A」
募集要領
研究助成A「ゲームの分野の研究に対する助成」
1.重点研究=サステナビリティにつながるゲーム
2.基礎的・基盤的研究=「ゲームの本質に関する研究」、「ゲームと人間に関する研究」、 「ゲームと社会に関する研究」及び「ゲームと技術に関する研究」
10/15
(公財)中山隼雄科学技術文化財団 2019年度 助成研究「助成研究B」
募集要領
研究助成B「人間と遊び」に関する研究に対する助成=
「遊びの本質及び影響に関する研究」、「遊びの社会的諸活動への応用に関する研究」及び「助成研究A又はBのいずれの課題にも属さない『人間と遊び』の研究」
10/15
(公財)中山隼雄科学技術文化財団 2019年度 助成研究「国際交流(参加)」
募集要領
国際交流「遊び・ゲーム等に関する国際会議等の活動
に対する助成」=
「応募者が遊び・ゲーム等に関する国際会議に「参加」する費用」
(応募者が口頭発表、ポスター発表を行う場合、あるいはシンポジスト等をつとめ、研究発表を行う場合に限る。)
10/15
(公財)科学技術融合振興財団 2019年度助成金・補助金応募
募集要項
研究助成
<課題A>
シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
<課題B>
①情報技術、ネットワーク技術を応用したシミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作(学習用ソフトウェアを通じて行う青少年科学技術啓発活動)
②社会に役立つシリアスゲームの調査研究
<課題C>
シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究
※若手研究者(大学院生・助手等)を対象
10/15
(公財)日本科学協会 2020年度 笹川科学研究助成 学術研究部門
募集要項
・「海洋学および海洋関連科学」ならびに「船舶および船舶関連科学」など「海に関係する研究」は重点テーマとして支援。
・研究対象:人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究。
・対象者:2020年4月1日現在、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、35歳以下の方。
※但し、「海に関係する研究」は重点テーマであるため雇用形態は問わない。
10/16
(公財)日本科学協会 2020年度 笹川科学研究助成 実践研究部門
募集要項
・実践研究に関する「海に関係する研究」は重点テーマとして支援。
A 教員・NPO職員等が行う問題解決型研究
学校、NPOなどに所属している方が、その活動において直面している社会的諸問題の解決に向けて行う実践的な研究を求めます。
B 学芸員・司書等が行う調査・研究
学芸員・司書等が博物館や図書館等の生涯学習施設の活性化に資する調査・研究を求めます。 また、所属機関とは別の機関や、大学、自治体などの異分野の機関・施設と連携した研究も歓迎します。
・対象者:教員、学芸員、司書、カウンセラー、指導員、市民活動・地域活動等の専門的立場にある方など、年齢は問わない。なお、非常勤や嘱託等の方は、雇用期間内に調査・研究が終了することを条件とする。
10/16
(公財)国際科学技術財団 2020年度 日本国際賞平成記念研究助成
募集要項
<対象>
「社会的課題の解決に資するための知識統合・連携型研究」を広く募集します。
・理系、文系を問わず応募が可能です。
・応募者自らが考える「目指したい世界とその実現に向けた課題」を提示してください。
・科学技術や人文・社会科学等の専門分野を超える人達の国際的な連携をエンカレッジします。
・文化・芸術分野との融合も可能です。
<応募資格>
年齢制限はありませんが、45歳程度までの人材の発掘を考えています。
10/31
(公財)ヤマハ発動機スポーツ振興財団 2020年度(第14期生)スポーツチャレンジ研究助成
応募要項
〈助成対象〉
スポーツ医・科学、スポーツ文化など、スポーツに関連する幅広い学問分野から、我が国のスポーツ普及・振興や競技水準向上につながる、自然科学・人文社会における学術的価値の高い学問・研究を目指す方。
〈区分〉
・基本:満40歳未満(応募時)。国籍不問。(教授職または教授職相当の職位の方は除く。)
・奨励:大学院博士課程(博士後期課程)に在籍中または学位未習得者。満30歳未満(応募時)の方。国籍不問。
電子申請:10/31(正午入力締切)

※一次通過者は原本提出の為、保管
株式会社リバネス 第46回リバネス研究費 クボタ イノベーションセンター賞
募集要項
【助成対象分野】
 農業の改革に繋がる全ての研究
※農作業の省力化や精密化に限らず、農作物の加工、流通、販売も含めたフードバリューチェーンの革新、持続性向上に繋がる幅広い研究テーマを募集

【応募資格】
学部生、大学院生~40歳以下の若手研究者
10/31
株式会社リバネス 第46回リバネス研究費 日本ハム賞
募集要項
【助成対象分野】
 人と環境の未来を創る、食に関するあらゆる研究
※革新的な食料生産・タンパク質生産/次世代型の農業・畜産・水産/食品加工・調理の新技術/食とスポーツによる 健康増進/年代や体調に合わせた栄養/持続可能な食料生産を支える環境技術など、生産から消費の提案まで 幅広い分野からの申請を募集

【応募資格】
学部生、大学院生~40歳以下の若手研究者
10/31
株式会社リバネス 第46回リバネス研究費 エネルギー・エコシステム賞
募集要項
【助成対象分野】
  低炭素社会を実現させるあらゆる研究

【応募資格】
学部生、大学院生~40歳以下の若手研究者
10/31
(公財)平和中島財団 2020年度 国際学術共同研究助成
募集要項
・国際的に優れた研究を、国際共同研究として推進するものに対して行う助成。
・応募資格:我が国の大学・大学共同利用機関の研究者及び海外の大学・研究機関等の研究者からなる共同研究グループとする。
・対象分野は、特に限定しないが、学際的な組織で行われる研究が望ましい。
10/31
(公財)平和中島財団 2020年度 アジア地域重点学術研究助成
募集要項
・我が国及びアジア地域の大学・研究機関等の研究者からなる、アジア地域に関する学術の共同研究に対して行う助成。
・応募資格:我が国の大学・大学共同利用機関の研究者及びアジア地域の大学・研究機関等の研究者からなる協同研究グループとする。
・対象分野は、アジア地域(中近東、シベリア等を含む。)に関するものであれば特に限定しない。
10/31
(公財)立石科学技術振興財団 2020年度 研究助成 「研究助成(A)(B)(C)」
募集要項
〈研究対象〉
エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動に助成。
〈応募資格〉
・助成期間内は、日本国内に居住する研究者であること。
・研究助成(C)は、助成期間中は博士課程後期の学生であり、かつ最終年度に学位取得予定であること。
助成初年度の期中に博士課程後期に入進学する方は、別途相談。
・同一内容で、現在公的機関からの補助金や他の財団等から既に助成を受けていないこと。また、受ける予定のないこと。
10/31
(公財)博報児童教育振興会 第15回「児童教育実践についての研究助成」
応募要項
〈対象となる研究〉
「ことばの力」に関する研究
・国語・日本語教育の諸分野における研究
・あらゆる学びの場におけることばの教育の関する研究
児童教育実践の質を向上させる研究
・多様な場における教育実践の質を向上させる研究
〈応募資格〉
日本の大学・研究機関に所属する研究者(准教授、講師、助教、博士課程の院生等。若手支援のため、教授やそれに相当する職は除く。)
10/31
(公財)鹿島学術振興財団 2019年度研究助成
募集要項
【助成対象】
①都市・住居環境の向上
②国土・資源の有効利用
③防災・危機管理の推進
④文化・自然環境の保全
※①~④に関連する社会システム等を含む
上記の分野に関する研究を行う、指定する推薦機関に所属する「常勤の研究者」または研究グループ

※人文・社会科学は学長による推薦書が必要
尚、自然科学分野は財団が指定する学会からの推薦が必要。詳細は応募要項確認
10/31
(公財)鹿島学術振興財団 2019年度研究者交流援助 研究者海外派遣援助
募集要項
<短期派遣>
上級研究者(教授級)を対象
派遣期間:3ヶ月以内
国際会議、国際研究集会等に出席のための派遣は対象外
<長期派遣>
中堅研究者(准教授、講師、助教)を対象
派遣期間:1ヵ年以内
※どちらも学長による推薦書が必要
【助成対象】
派遣研究者の外国のおける研究活動(研究、講義、視察等)を対象
①都市・住居環境の向上
②国土・資源の有効利用
③防災・危機管理の推進
④文化・自然環境の保全
※①~④に関連する社会システム等を含む
10/31
(公財)鹿島学術振興財団 2019年度研究者交流援助 外国人研究者招へい・受入れ援助
募集要項
<短期招へい>
外国の上級研究者(教授級)を対象
招へい期間:原則3ヶ月以内
国際会議、国際研究集会等に出席のための招へいは対象外
<長期受入れ>
外国の中堅研究者(准教授級)及び若手研究者(助教、大学院学生)を対象
受入れ期間:原則1年以内
※どちらも学長による推薦書が必要
【助成対象】
派遣研究者の外国のおける研究活動(研究、講義、視察等)を対象
①都市・住居環境の向上
②国土・資源の有効利用
③防災・危機管理の推進
④文化・自然環境の保全
※①~④に関連する社会システム等を含む
10/31
(公財)鹿島学術振興財団 2020年度国際学術交流援助 国際共同研究援助
募集要項
【申請資格】
・申請代表者は、日本の大学等の研究機関に所属する常勤の研究者であり、海外の大学等の研究機関の研究者グループと共同で研究を行う研究者グループの代表者とします。
・応募に際しては、原則として国内の共同研究者グループ間、並びに海外の共同研究者グループとの間で研究計画に関する基本的な合意がなされている必要があります。
【助成対象】
工学を含む自然科学、人文・社会科学、学際融合的な分野における下記の研究領域が主な対象
(1) 都市・居住環境の向上
(2) 国土・資源の有効利用
(3) 防災・危機管理の推進
(4) 文化・自然環境の保全
※ (1)~(4)に関連する社会システム、情報技術等先端技術の活用に関するものを含む
10/31
(公財)石本記念デサントスポーツ科学振興財団 第42回2020年度 学術研究助成
募集要項
第一部:課題学術研究
本年度テーマ
①「暑熱環境下における快適性を実現する手法に関する研究」
②「衣服内環境を快適にする湿度をコントロールする手法に関する研究」
③「運動後のリカバリーに有効なクールダウンを実現する手法に関する研究」
④「運動時におけるウエアに関するシミュレーションシステムの構築」

第二部:自由課題学術研究
財団の趣旨に添ったものであり、申請者がこれまで行ってきた研究を助成することによって、調査・研究の発展・充実が期待されるものであること。なお、研究テーマは、下記の項目に従って分類すること。
A:スポーツと安全/B:運動生理/C:バイオメカニクス/D:医療・看護/E:トレーニング/F:食物・栄養/G:用具・被服/H:体育活動調査/I:障がい者スポーツ
11/8
(一財)第一生命財団 2019年度 研究助成「一般研究」「奨励研究」
募集要項
・対象分野:わが国の住宅、都市、土地に関し、経済、社会、法律、歴史、制度、計画およびこれらの複合的視点から、住生活の改善向上をはかるための研究。
・「奨励研究」については、申請時に40歳未満の若手研究者対象。 
11/15
(公財)日本台湾交流協会 2020年度日本人大学院生の台湾訪問
募集要項
<応募資格>
・日本国籍を有し、応募締切日現在において日本の国公私立大学、大学院の自然科学分野に在籍する修士課程または博士課程の学生
・ある程度の語学力(英語または中国語)を有し、台湾で研究を行う上でコミュニケーションに支障が無いこと
・希望する研究の内容が現在や将来の研究と直接関係があること
・年齢が40歳以下であること
・社会人大学院生ではないこと
・学校間交換留学生の身分ではないこと
11/29
(公財)医療機器センター附属医療機器産業研究所 2019年度調査研究助成【公募型リサーチペーパー】
公募要項
【研究テーマ】
医療機器産業界の振興・発展に寄与する経済学、経営学、法学、レギュラトリーサイエンス、歴史学、政治学等の幅広い社会科学系研究テーマ
を広く募集。
※優先的に採択を検討するテーマあり
 (募集要項要確認)
第1期:3/29
第2期:7/31
第3期:11/29
(公財)立石科学技術振興財団 2020年度 前期 国際交流助成
募集要項
〈助成対象〉
エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動を行なう研究者の海外派遣、特に国際会議での論文発表及び短期在外研究のための海外派遣に対し、応募者本人に助成する。
〈応募資格〉
日本国に居住する40歳以下(申請日の満年齢)の研究者とし、国籍・所属機関を問いません。
研究者とは、助成対象期間に研究機関に所属し研究に従事する者、もしくは博士後期課程(または相当)に在学する者。
12/20
(一財)守谷育英会 2019年度 研究助成
推薦要領(PDF)申請書(PDF)推薦書(PDF)過去4年研究助成リスト(PDF)
※申請書類は、申請者、推薦者がそれぞれ手書きする必要があります(黒インクまたは黒ボールペン使用)。 
・原則として満40歳未満(申請者の助成金交付の開始時の年齢)。
・推薦者は各大学の学部長、研究所長、または担当主任教授とする。但し、推薦件数は1推薦者1件とする。

〈研究課題〉
(1)自然科学、特に動植物に関する基礎研究
(2)工学における基礎研究
(3)社会、環境、福祉等に関する基礎的調査研究
(4)人文科学における基礎的調査研究
12/25

学内締切:11/30
申請書、推薦書を準備の上、学内締切日までに研究推進センターへ申し出ること。
(公財)日本ゲーム文化振興財団 令和元年度 ゲームクリエーター助成制度
募集要項
<応募資格>
以下の(1)~(5)のすべてに該当すること。
(1) コンピュータゲームの創作活動を行う者であること
(2) 申請する分野において2年以上の活動実績があること
(3) 募集年度4月1日時点で年齢35才以下であること
(4) 国内における活動であること
(5) 活動状況及び成果について適正に報告できること
※グループの場合、(3)は代表者の年齢とします
12/31