上智大学

ニュース 日米学生意見交換イベント「オンライン化で変わる未来」を開催しました

日米学生意見交換イベント「オンライン化で変わる未来」を開催しました

2020年9月10日、米国連携大学と本学の学生によるオンライン意見交換イベントを開催しました。これは、2018年に採択された文部科学省「大学の世界展開力強化事業(COIL)」の事業の一環としておこなわれたものです。

 本イベントは、海外渡航が難しい状況下で学生同士の交流を深める目的で開催されました。参加した学生の中には、2020年度春学期に米国連携大学へ留学、もしくは、本学へ交換留学生として来日する予定だった学生も含まれていました。

イベントはZoom上で開催され、まずは「オンライン化で変わる未来」をテーマに、ホワイトボード機能なども活用しつつアイスブレーキング。その後、グローバル教育センターの李ウォンギョン特任助教によるミニレクチャーが行われました。

ミニレクチャーでは、下記のような事例紹介を織り交ぜながら、コロナ禍を受けて世の中がどのように変化に対応しているかを議論しました。
・在宅勤務でアバターが代わりにバーチャルオフィスに出勤するLA企業

・自宅に居ながら地方の名産品を楽しみながら参加できるオンラインバスツアー

・有名レストランの味を自宅でも楽しめるシェフによるオンライン料理教室

3名の少人数グループに分かれてディスカッションをした後、参加者それぞれがコロナ禍における自身の経験をお互いに共有しました。例えば、コンピューターサイエンス専攻の米国学生は、勤務先 のIT企業での経験として、ウェブサイトのコーディングなどの業務は在宅でできるものの、顧客やメンバーとの密なコミュニケーションが欠かせないため、対面のやりとりができない苦労を感じているそうです。コロナ禍の学生生活については、オンライン授業で集中力を保つことが難しい、オンラインでも海外の学生との交流に参加したい、といった意見が日米双方から出ました。

ディスカッション後は全員がフリートークに参加し、当初の予定を大幅に超えて会話が弾んだようです。グローバル教育センターでは、2018年よりCOILを推進してきた経験を活かして、今後も海外渡航が難しい状況下において学生同士が交流できる場を積極的に設けていく予定です。