上智大学

ニュース 2021年度版 新型コロナウイルス感染拡大予防マニュアル(本学学生対象)

本学学生を対象とした2021年度版 新型コロナウイルス感染拡大予防マニュアルを公開しました

【9月22日 更新】
 
 内容一部改定
 
 【8月10日 更新】
 
 9.新型コロナワクチンの副反応(接種日・接種後1日目、2日目まで)の対応

キャンパスの運用と感染防止対策について

2021年 3月19日

学生の皆さんへ

本マニュアルには、2021年度の学生の皆さんの行動にあたり、注意していただきたい点を記載しています。この中でも、特に重要な事項を以下に「Sophia New Normal」としてまとめました。

「Sophia New Normal」は、新型コロナウイルス流行下でもキャンパスでの活動を止めないために、また大学構成員の安心安全のために、構成員全員が守る新しいキャンパスルールです。
※文章中の関連リンクも併せてご覧ください。

【Sophia New Normal の6原則】
  1. 正しくマスクをつけましょう  → 1.(1)
  2. こまめな手洗い・消毒を  → 1.(2)
  3. 黙食と食前食後のマスクを習慣に  → 4.(3)
  4. 距離を空けましょう  → 1.(6)2.(1)
  5. Sophia Wi-Fiへの接続(Zoomと動画)は必要な時だけに  → 1.(5)
  6. キャンパスの密を避けるため、授業や用事が済んだらすぐ帰宅しましょう

これらを含めた詳細は以下の通りです。
お互いの安心・安全のために、皆さんのご協力を宜しくお願いします。


  1. 体調管理と行動
  2. 授業について
  3. 研究活動
  4. 学内施設の運用について(コンピュータルーム、図書館、食堂・売店等)
  5. 課外活動について
  6. 問い合わせ先(平日のみ)
  7. 新型コロナウイルス感染/疑い時の対応について
  8. 流行拡大時、感染者発生時等の大学の対応
  9. 新型コロナワクチンの副反応(接種日・接種後1日目、2日目まで)の対応

1.体調管理と行動

(1)マスク着用の徹底
  • マスクは各自で準備し、正しく着用してください。
  • 感染予防効果の高い不織布マスクを推奨します。
  • マスクを入手できない場合や破損してしまった場合は、保健センターに相談してください。
  • 特に飲食の場でマスクを外す時は会話を控え、会話をする際はマスクを着用してください。
(2)手洗い、消毒の徹底
  • キャンパス内では手洗い・消毒を励行してください。
  • 各門、各建物の入口、各食堂にアルコール消毒液を設置しています。入館前の消毒にご協力ください。なお、各教室への消毒液設置はありませんので、自身でも携帯用消毒液や除菌ティッシュを持参するなど、感染予防に努めてください。
  • 特に共用の物品や設備に触れた場合は、顔に触れる前に手を洗ってください。
  • 用具の共有をする場合には、消毒を必ず行ってください。
(3)検温、健康管理
  • 体調不良の場合は、キャンパスへの入構や研究活動への参加はできません。特に、発熱、呼吸器症状、倦怠感、その他の風邪症状、味覚・嗅覚の障害がある場合は自宅待機となります。家を出る前に検温し、体温が37.5℃を超えている場合は外出を控えてください。
  • 体調不良で対面授業に出席できない場合は、担当教員に申し出て指示に従ってください。
(4)入構
  • 北門でサーモグラフィーによる検温を実施します。37.5°C以上の場合は入構できません。
  • 通学途中およびキャンパス滞在中に発熱、呼吸器症状、倦怠感、その他風邪症状、味覚・嗅覚の障害が出た場合は、無理をせず速やかに帰宅してください。
(5)学内ネットワーク負荷軽減の協力
  • 学内ネットワーク負荷軽減のため、学内でのZoom利用や動画視聴は極力行わないようにしてください。
    Zoomによる授業を時間割の都合上学内で受講する場合や、止むを得ず就職活動、面接等の学外の活動に学内から接続しなければならない特別の事情を除き、自宅等キャンパス外で行うよう皆さんのご協力をお願いします。
  • 個人のPC、スマートフォン等では、Wi-Fi(sophiawifi2019、eduroam)を使用しない場合は、こまめにWi-FiをOFFの設定にするよう心掛けてください。
(6)キャンパス内の移動
  • 2号館5階、11号館4階までは階段で、6号館6階までは階段またはエスカレーターでの移動をお願いします。
  • 他の建物ではエレベーターの使用も認めますが、会話を控え、3密の回避に努めてください。車いす等、エレベーターを必要とする人が利用できるよう配慮してください。
(7)行動の記録
  • 感染が確認された時には、主に発症2日前からの行動、接触した人について大学や保健所から確認をします。いつ・どこで・誰と・何をしたかをメモしておき、万が一感染した時に答えられるようにしてください。
(8)接触確認アプリのインストール
  • 厚生労働省が推奨する新型コロナウイルス非接触アプリ「COCOA」をダウンロードしてください。感染者との「接触あり」と通知を受けた場合は、保健所への連絡によりPCR検査を受けることができます。
    ※参照「COCOAで「接触あり」と通知があった場合の対応

2.授業について

(1)対面授業について
[1] 教室の利用
  • 教室は、ソーシャルディスタンスを確保し、かつ厚生労働省の推奨する必要な換気量(1人当たり30m³/時)を確保できる新たな教室定員を適用し、配当しています。
  • 間隔をあけて着席してください。
  • ディスカッションやペアワークを行う場合も、マスク着用のうえ、十分に距離を取って行ってください。
  • 可能な場合はドアや窓を開放し、換気を行います。
  • コンピュータールーム(COM教室)のマイク・キーボード・マウスは消毒を行いません。手指の消毒を徹底し、気になる人は手袋、除菌ティッシュなどを持参してください。
  • 食堂混雑緩和のため、一部の教室を除き教室で昼食を取ることができます。換気のため、2限終了時、3限開始時の窓明け、窓閉めに協力してください。 
  • 対面授業中は、教室内でWi-Fiに接続しないでください。アクセス集中によりシステム障害発生の恐れがあります。学内のネットワーク負荷の側面から、たとえ短時間であっても、対面授業参加中にZoomに接続することや動画視聴を行うことは、絶対にやめてください。
[2] 新型コロナウイルスに感染した場合の取り扱いについて
  • 学生がコロナウイルスに感染した場合、あるいは保健所により濃厚接触者に特定された場合は学校保健安全法による「出席停止」となります。
  • その場合の対応については、担当教員に申し出て指示に従ってください。

(2)学内でのオンデマンド授業の受講について
  • オンデマンド授業を履修する場合、時間割は設定されていますがその時間に視聴しなければならないということではありません。学内のネットワーク負荷を軽減するために、可能であれば、自宅等キャンパス外での視聴にご協力ください。
  • 対面授業の合間にオンデマンド授業を受講する必要がある場合は、指定教室(11号館7階、ただし、昼食時間帯及び午後に授業で使用する教室を除く)、図書館閲覧席(地下2階~5階)、食堂(昼食時間帯以外)での受講ができます。
(3)学内でのリアルタイムオンライン授業(Zoom)の受講について
  • 10月中、対面からリアルタイムオンラインに切り替わった授業は、当該授業のために元々配当されている教室で受講することが可能です。
  • 学内のアクセス集中によりシステム障害発生の恐れがあるため、可能な限り、リアルタイムオンライン授業は自宅にて受講してください。

3.研究活動

  • 院生研究室、実験室等での研究活動については、所属学部・研究科の指示に従ってください。

4.学内施設の運用について

(1)コンピュータルーム(COM教室)
  • COM-A, B, C, D, X, Z
     
    開室時間
     平日: 8:45~21:00
     土 : 9:00~17:00(COM-C)
  • COM-L1, L2(図書館)
     
    開室時間
     平日: 8:45〜22:00
     土 : 9:00〜17:00
  • 開室状況は変更されることがあるので、詳細は情報システム室ウェブサイト「施設案内」で随時お知らせしています。
  • 2021年度は、CALL教室は利用できません。
(2)図書館
  • 図書館入館には学生証が必要です。
  • 閲覧席は密にならないように着席してください。
  • 図書館内の検索端末は消毒を行いません。手指の消毒を徹底し、気になる人は手袋、除菌ティッシュなどを持参してください。
  • AVコーナー利用の際には、ヘッドフォン等を各自持参してください。
  • グループ学習室は引き続き利用はできません。
  • 図書館の貸出・閲覧・相互協力等のサービスは通常通りに戻ります。郵送での貸出し、上智所蔵資料のコピーサービスなどは行いません。
  • 図書館の図書貸出冊数・期間は、学部生は10冊・14日間です。大学院生は20冊・30日です。
  • 目白聖母キャンパス図書室、法科大学院図書室の2室は利用者の人数により、利用をお待ちいただくことがあります。
(3)食堂等の営業
  • 当面、2号館5階学生食堂が11:30~14:00で営業を始めます。
  • 座席を間引きし、テーブル中央に透明パーテーション設置してあります。
  • 教室(6-101及び10号館講堂を除く)は、昼食場所として開放します。座席間隔をあけて着席してください。
  • 百円朝食は当面中止します。
  • 弁当販売は当面中止します。
  • 各食堂は、昼食時以外も自習場所等として8:00から19:30まで使用できます。
  • 食事中は会話を控え、食事中以外はマスクを着用してください。
(4)売店等
  • セブン-イレブン: 平日 11:00~15:00
  • 2号館地下1階購買部 紀伊國屋書店上智大学店: 
     平日: 基本営業時間 10:00~18:00(休業:第1、3土曜日・日曜日、祝日)
     感染防止対策のため、入店人数制限を行っています。
  • 2号館地下1階購買部 パティネ・スポーツ(紀伊國屋書店上智大学店内):
     平日: 基本営業時間 10:00~18:00(休業:第1、3土曜日・日曜日、祝日)
  • 図書館5階 複写サービス室: 平日 10:00~17:00

5.課外活動について

  • 学生センターからの通知に従い、感染対策を徹底しながら活動してください。

6.問い合わせ先(平日のみ)

  • 各部署への質問は、窓口のほか、電話やメール、ホームページから問い合わせてください。
  • 学期開始時期は密を避けるため、2号館1階窓口(学事センター、グローバル教育センター、学生センター)は一度に入室する人数を制限します。その場の説明に従って順に入室してください。

    授業全般、Loyola: 学事センター
      03-3238-3515 / 受付時間 10:00~11:30、12:30~15:30
    Moodle、ICTアカウント、Zoom等: 情報システム室
      ict-support[at]sophia.ac.jp(送信時に [at] を @ に変えてください)
    教室、設備機器: 管財グループ
      03-3238-3112 / 受付時間 9:00~19:30
    健康相談、感染報告: 保健センター
      03-3238-3394 / 受付時間 9:30~17:00

7.新型コロナウイルス感染/疑い時の対応について

新型コロナウイルス感染/疑い時の対応については、こちらのページをご確認ください。

8.流行拡大時、感染者発生時等の大学の対応

  • 大学関係者の感染が判明した場合は、保健所の指示に基づいて濃厚接触者の調査、必要な消毒等を行います。
  • 発症日や発生状況から、一時的なキャンパス入構停止や教室変更、関係する対面授業のオンラインへの切り替えなどの措置を講じる可能性があります。
  • 国内の流行拡大に伴い、政府や東京都から要請があった場合はキャンパス内の活動を一部制限する可能性があります。

9.新型コロナワクチンの副反応(接種日・接種後1日目、2日目まで)の対応

(1)発熱(37.5℃以上)に加えて、咳、息切れ、鼻水、咽頭痛や味覚・嗅覚の消失を伴う場合
   発熱はないが、咳、息切れ、鼻水、咽頭痛や味覚・嗅覚の消失などを伴う場合

・入構できません。
・「かかりつけ医や最寄りの医療機関」もしくは「自治体が設置する新型コロナウイルス受診相談窓口等」に相談してください。
・PCR検査を受け陽性だった場合は、居住区の保健所の指示に従ってください。
・PCR検査が陰性で、かつ新型コロナウイルス感染症が否定された場合は、内服(解熱剤を含む症状を緩和させる薬剤)をしていない条件で症状消失から72時間を経過していなければ入構は不可とします。

(2)発熱のみの場合
   発熱に加えて倦怠感、頭痛、悪寒や筋肉痛などを伴う場合 

・入構できません。
<以下の条件を満たしていれば入構可とします>
① 解熱している(解熱剤を8時間以内に服用していない)
② 新型コロナウイルス感染症を疑う症状(咳、息切れ、鼻水、咽頭痛、味覚・嗅覚異常など)などを呈していない。
③ 業務(通学)ができるまで体調が回復している。

(3)発熱はないが、倦怠感、頭痛、悪寒や筋肉痛などを伴う場合

<以下の条件を満たしていれば入構可とします>
・症状出現前の14日以内に、新型コロナウイルスの感染症と濃厚接触が確認されていない。

(4)発熱や自覚症状((1)~(3)の自覚症状を含む)が3日以上続く場合

① かかりつけ医または、医療機関を受診してください。
② あるいは新型コロナウイスルワクチン副反応相談センターへ連絡し相談してください。
  ※土日を含む24時間毎日対応
  ※対応言語は、日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語、タガログ語、ネパール語、ビルマ語、(ミャンマー語)、タイ語、フランス語、ポルトガル語
③ 上記の①、②の対応をしなかった場合は、大学の状況別フローチャート(C)の③の登校可の条件(発症後、8日以上経過し、かつ、薬剤を使用していない状態で解熱並びに症状消失が3日以上続いている)が適用されます。

(5)ワクチン接種やその副反応のために授業を欠席した場合は、不利益にならないよう取り扱います。欠席した授業の担当教員に申し出てください。