上智大学

ニュース プレスリリース

SDGs達成に寄与する木造3階建の15号館を着工へ

地域のサステナブルなランドマークとして社会人教育や地域交流の拠点に

上智大学15号館完成予想図

上智大学などを運営する学校法人上智学院(東京都千代田区、理事長:佐久間 勤)は、木造3階建となる「上智大学15号館」の建設工事に着手します。2022年6月の供用開始を目指して2022年4月の竣工を予定しています。

「叡智(ソフィア)が世界をつなぐ」という言葉にまとめられる建学の理念のもと、本学院では持続可能な社会の発展と人間の尊厳を守るため、SDGsの達成に向けて、ESG投資や再生可能エネルギー100%の電力導入など、さまざまな活動に取り組んでいます。

15号館は、環境負荷が少なくCO2排出量の大幅削減が期待できる木造3階建。公共建築物等への木材利用を推進する国の方針を踏まえ、森林資源の循環の構築に寄与するとともに、地域のサステナブルなランドマークとして、社会人教育や地域交流の拠点として活用していきます。

主な特徴
  • 本学の建学の理念に連なる「多様性」「他者との交流」「真理」「伝統」を、異なる太さの木材を交差させた格子で表現。内装にも木材を積極的に使い、あたたかみのある快適な空間を創出します。

  • 四ツ谷駅にも近く、麹町大通り(新宿通り/国道20号線)に面したアクセスの良さや、立地的にキャンパスから独立した運用が可能なことを踏まえ、夜間・休日を踏まえた多彩な運用が可能です。上智大学の社会人向け講座である「プロフェッショナル・スタディーズ」をはじめ、各種イベントや公開講座などの会場としても活用します。

  • 1階には大学関係者以外の方々も利用可能なカフェを開設します。また、地域の方々に活用頂くことを目的とした防災倉庫を配備。地域との繋がりを意識した施設として、活気ある街づくりに貢献します。
建物概要
  • 名称:上智大学15号館
  • 所在地:千代田区麹町6丁目1番16~18 ※6号館(ソフィアタワー)東側
  • 構造/階数:木造/地上3階建(耐火構造)
  • 延床面積:465㎡ 建物高さ:12m
  • 用途:1階 カフェ  2階・3階 教室(いずれも60人程度収容) ※1階には近隣町会用防災倉庫を設置
  • 工期(予定):2021年4月~2022年4月

報道関係のお問合せ先

上智学院広報グループ
電話: 03-3238-3179
E-mail: sophiapr[at]sophia.ac.jp