上智大学

ニュース 「新型コロナウィルス感染拡大に伴う本学学生への支援のお願い」へのご支援の御礼と継続のお願い

「新型コロナウィルス感染拡大に伴う本学学生への支援のお願い」へのご支援の御礼と継続のお願い

2020年 7月27日

学校法人上智学院理事長・
 上智社会福祉専門学校長 佐久間 勤
上智大学長        曄道 佳明
上智大学短期大学部学長  山本 浩

新型コロナウィルス感染拡大による影響でさまざまな困難に向き合われている方々、日本各地で豪雨災害に遭われた方々に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

初夏を迎える現在に至ってもなお事態の好転の兆しが見えず、国内においても感染者数が増え、第2波への懸念が増幅している状況にあり、上智大学・上智大学短期大学部・上智社会福祉専門学校におきましても秋学期におけるオンライン授業の継続という苦渋の決断をしたところです。一方で、コロナ禍の状況変化を見ながら、学生が思い描いている希望やキャンパスライフを少しでも実現できる方策を模索し、継続して柔軟な対応を進めていく所存です。

さて、先日来、ご協力をお願いしておりました本学学生への支援のお願いですが、ソフィア会を中心とした卒業生団体、卒業生個人を中心に、在学生ご父母、教職員ほかの皆様方より、当初の想定を大きく上回るご寄付を賜ることができました。本学学生が一人も就学継続を諦めることがないようにするとの私たちの思いを力強く支えてくださっている皆様の学生を思うご厚志に心より御礼と感謝を申し上げます。

また、大学ソフィア会からは、募集開始直後に1,000万円、今月冒頭に追加で5,000万円の合計6,000万円のご寄付を賜っております。この場をお借りして深謝の意をお伝え申し上げます。


※7月24日時点での集計金額をご報告させていただきます

  件数 金額(円)
卒業生(ソフィア会を含む)  
 ・大学 397 77,877,400
 ・短期大学部 7 1,445,000
 ・社会福祉専門学校 5 380,000
ご父母 34 940,000
その他(教職員ほか) 69 5,403,000
合計 512 86,045,400

本学学生におきましては、保証人や家計支持者の経済状況の変化による収入減、学生本人のアルバイト打ち切り等による生活費の獲得困難などの状況に対して、従来からの奨学金制度に加えて、これらの家計の急変学生や留学生の生活支援金の新設・拡充という形で充当させていただき、秋学期以降につきましても同様の対応を進めて参りたいと考えております。

現在、またいつ大きな感染拡大が訪れるのか全く見えない状況の中、学生が置かれている経済環境には非常に厳しいものがあり、困窮している学生は、当初の予想を上回るスピードで増えていくことが見込まれており、皆様方のご支援とご寄付を必要としております。

本学院は、学生・教職員で構成される教育研究の共同体として、本学らしい、質の高い教育機会を提供していくことに努力を惜しまないことをお約束いたします。引き続き、再び安心して就学できる日常を一日でも早く取り戻すため、ご支援をお寄せいただけますよう、ご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

■「新型コロナウィルス感染拡大に伴う学生支援のお願い」については、下記のリンクよりご確認ください。
https://www.sophia.ac.jp/jpn/news/PR/news20200507.html

 
【本件手続きに関するお問い合わせ先】
 総務局ソフィア連携室 募金担当
 Mail: sophia2013-co★sophia.ac.jp (送信時に、★ を半角の @ に変えてください)

現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴い、在宅勤務を含む事務体制となっております。
お電話での迅速な応答ができない場合がございますので、上記メールアドレス宛にてご連絡をいただけましたら幸いです。ご理解のほど、何卒お願い申し上げます。