上智大学

ニュース 新型コロナウイルス感染拡大に伴う本学学生へのご支援 御礼と継続支援のお願い

新型コロナウイルス感染拡大に伴う本学学生へのご支援 御礼と継続支援のお願い

2021年 11月

学校法人上智学院理事長 佐久間 勤
上智大学長       曄道 佳明

新型コロナウィルス感染拡大により、さまざまな困難に向き合われている方々に心よりお見舞いを申し上げます。また、医療・介護福祉従事者をはじめ、最前線で活動されている皆様につきましても、この場をお借りしあらためて感謝申し上げます。

新型コロナウィルス感染症のワクチン接種が世界的に進み、日本においても新規感染者数の減少が続いています。とは言え、感染の再拡大を招かぬよう、新しい生活様式・行動様式を取り入れながら、一人ひとりが責任を意識して慎重に行動するべき状況に変わりはありません。上智学院と上智大学をはじめとする各設置校におきましても、「Sophia New Normal」として定めた新しい行動様式を全構成員が心に留め、感染対策を怠ることなく、安心安全に学生が学びを継続できるよう、引き続き体制整備を進めて参ります。

 2020年5月以降、家計急変やアルバイトの機会を喪失した学生への経済的支援、また、オンライン授業環境整備のための学生支援をお願いして参りましたが、皆様から多大なるご支援・ご協力をいただき、これまでに、学生への経済的支援に約7,000万円、オンライン授業など環境整備支援に約4,700万円を活用させていただきました。ソフィア会を中心とした卒業生団体・個人を中心に、在学生ご父母、教職員、篤志家ほか、大変多くの皆様より当初の想定を大きく上回るご芳志を賜り、物心両面での学生支援へのお力添えにあらためて感謝と御礼を申し上げます。

※10月31日時点での集計金額をご報告させていただきます。

 

件数

金額(単位:円)

卒業生(ソフィア会を含む)

 

 

・大学

1,653

108,737,561

・短期大学部

31

1,729,000

・上智社会福祉専門学校

41

1,035,000

ご父母・保証人

71

2,672,000

その他(教職員ほか)

184

11,191,202

合計

1,980

125,364,763


コロナ禍により授業形態のオンライン化・ハイブリッド化が進み、学生にとっての学習環境や学びの在り方は大きく変化しました。この一年余りの期間は、日本国内のみならず、世界各地とオンラインで繋がるという新たな交流の手段によって、可能性の広がりを実感し、学びを深めることが可能となった一方で、「直接の対話、対面での交わり」がいかに尊い価値をもたらすものであるかということを痛感した日々でもありました。

学生はwithコロナ時代の新しい状況に順応し、それぞれの学びや諸活動を継続していますが、その一方で長期化するコロナ禍により日常生活に不安を感じている学生も未だ数多く存在しています。本学院は経済困窮の学生、留学生の生活支援に向けた追加支援、および、質の高いハイフレックス授業を提供するための学内ICT環境整備を継続して行うことにより、ポストコロナ時代に向けての新たな学生支援に取り組んで参ります。

皆様におかれましては、引き続き学生が安心して学業を継続できるよう、「新型コロナウィルス感染拡大に伴う学生支援」へご支援をお寄せいただけますよう、何卒ご理解とご賛同を宜しくお願い申し上げます。

■「新型コロナウィルス感染拡大に伴う学生支援のお願い」については、下記のリンクよりご確認ください。
https://www.sophia.ac.jp/jpn/news/PR/news20200507.html 
 
【本件手続きに関するお問い合わせ先】
 総務局ソフィア連携室 募金担当
 Mail: sophia2013-co◆sophia.ac.jp (送信時に、◆ を半角の @ に変えてください)

現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴い、オフィス勤務および在宅勤務を併用した事務体制となっております。
お電話での迅速な応答ができない場合がございますので、上記メールアドレス宛にてご連絡をいただけましたら幸いです。ご理解のほど、何卒お願い申し上げます。