上智大学

ニュース 物質生命理工学科4年の岡田ひかりさんが特許を取得しました

物質生命理工学科4年の岡田ひかりさんが特許を取得しました

岡田さんはチェロを演奏する前に弓に塗る松脂を入れる「らくらく安心松脂ケース」を発明し、特許を取得しました(特許第6383904号)。

岡田さんは、知的財産権(担当教官:川北喜十郎氏)の講義レポートを通じて発明し、29年度パテントコンテストの大学部門において、主催者賞の中で最高位である「選考委員長特別賞」を今年3月に受賞しました。

この受賞を機に特許庁から出願費用の助成及び担当教官の支援を受けて特許出願をすることができ、特許庁の審査を経て8月に特許が認められました。

チェロを演奏する前に弓に塗る従来の松脂は布に包まれてケースに入っており、ケースから取り出す際に落として割れてしまったり、特定の部分が擦り減ってしまうという自身の経験から、落としても割れず、一部分ばかりが擦り減ることのない松脂ケースを発明し、今回の特許取得に至りました。