上智大学

ニュース ボルボグループUDトラックスにて産学連携協定更新の調印式を行いました

ボルボグループUDトラックスにて産学連携協定更新の調印式を行いました

上智大学とボルボグループ(本社:スウェーデン)は、産学連携教育を推進するため、2014年に協定を締結し、グローバル人材育成を目指す各種プログラムを実施してきました。3年間の取り組みを振り返り、協定の改訂と更新を行うにあたり、2017年4月20日、同グループのUDトラックス(本社:埼玉県上尾市)にて、協定書の調印式を行いました。

日本におけるパートナーであるUDトラックスとは、共同講座やインターンシップ科目を開講しています。講座では、ボルボグループのビジネスモデルを元に、グローバル企業がどのように経営戦略を策定し、組織やモノづくり全体のプロセスを展開しているかを学びます。インターンシップ科目では、UDトラックスにて、約3週間の実習を行い、ワークショップや社員とのディスカッションを通じて、グローバル企業における実情と課題を把握した上で、各学生が配属された部署にて、実務を通じて商用車メーカーの事業展開や、個々の業務に必要とされるスキルを習得します。多国籍で多様なバックグラウンドの社員が在籍し、日常的に英語の文書が使われ、海外との電話会議が実施される職場環境の中で、グローバル人材に必要な素養を身につけることを目指しています。
また、グローバル社会における課題に意欲的な活動を計画する学生には、「ボルボ グローバルチャレンジ奨学金」により、学生の挑戦をサポートしていただいています。

4月20日にUDトラックス本社にて実施された調印式では、UDトラックス代表取締役会長のヨアキム・ローゼンバーグ氏から、「会社にとって人材は最も重要であり、従業員の能力を高めることには最も投資をしてきたが、上智大学との連携により、今後さらに人材育成の取り組みを向上させていきたい」とご挨拶がありました。本学の曄道佳明学長は、「学生が、ビジネスの現場で学ぶ機会を提供する必要性が高まっており、ボルボグループとの産学連携の協定は、タイミング・内容ともに、上智大学が望んでいたものであった。この3年間で、学生がグローバルにチャレンジするための環境を提供いただいて、大変感謝している。今後も人材育成に関して、連携していきたいと考えている」と述べました。

関連リンク: