上智大学

ニュース 独立行政法人国際協力機構(JICA)と包括連携協力協定を締結しました

独立行政法人国際協力機構(JICA)と包括連携協力協定を締結しました

国際協力を担う人材の育成などにおいて一層連携を強化

8月19日、本学は独立行政法人国際協力機構(JICA)と、国際協力事業の質的向上と援助人材の育成を目的とした包括連携協力協定を締結しました。本協定によって、本学の国際化戦略とJICAの事業戦略の一層の連携が可能となります。

本学では、国際協力の現場を教育や研究の場として活用することにより、国際協力に資する人材の育成をさらに推進していきます。一方、JICAは本学の豊富な人材・知見とネットワークを活用して開発途上国への国際協力の実施することにより、国際協力事業の質的向上を図ることが期待されます。

早下隆士学長と北岡伸一JICA理事長(左)
早下隆士学長と北岡伸一JICA理事長(左)

具体的には、文理融合型チームによる取り組みが必要とされる環境分野などにおいて、全ての学部がワンキャンパスに集う本学ならではの学部横断型の学術プロジェクトで培ってきた経験・強みを活かし、JICA事業への積極的な参加や協力案件の推進が期待されます。また、国際協力人材を育成する観点から、その分野でのキャリア形成を志望する学生に対して、青年海外協力隊への参加を一層促進していくといった取組みも展開していきます。

本学とJICAは、2011年に国際協力事業の質の向上及び国際貢献ならびに学術研究および教育の発展に寄与することを目的として「戦略的協力合意書」を締結し、本年9月をもって5年目の節目を迎えます。これまでも、同合意書に基づき、本学でのJICA研修員の受入、共催による国際シンポジウムの開催、JICAから本学への講師派遣ほか、多くの協力を行ってきました。また、本学では同合意書締結以降に「国際協力人材育成センター」を設立するなど、国際協力人材の育成や留学生等の受入れ拡充に向けた組織づくりが積極的に進められてきました。

今回の「包括連携協力協定」は、従来の「戦略的協力合意書」を踏まえ、本学とJICAとの連携を一層強化していく位置づけの協定となります。