上智大学

グローバル教育・留学 近年の取組み

近年の、上智大学のグローバル化の取組みとその成果を紹介します。

■日本の国際教育の先駆的プログラムで、半世紀以上の歴史を持つ国際教養学部に加え、新たに以下の英語による学位プログラムを構築

〈6学科連携による学位プログラム「Sophia Program for Sustainable Futures」

  • 総合人間科学部教育学科(2020年秋学期開設予定)
  • 総合人間科学部社会学科(2020年秋学期開設予定)
  • 経済学部経済学科(2020年秋学期開設予定)
  • 総合グローバル学部総合グローバル学科(2020年秋学期開設予定)
  • 文学部新聞学科(2021年秋学期開設予定)
  • 経済学部経営学科(2022年秋学期開設予定)

〈環境・理工学分野における、英語による学位取得プログラム〉

■ 外国人留学生の受入促進

  • 外国人留学生数※の推移 (2013年度~2018年度:通年)
2013年度
2014年度
2015年度
2016年度
2017年度
2018年度
1,358
1,626
1,923
2,337
2,915
2,718
「スーパーグローバル大学創成支援事業フォローアップ調査票」より

※正規生、交換留学生、非正規生、短期プログラム参加学生のうち外国籍の者

■ 交換留学協定校/学術交流協定校の拡大

2013年度
2014年度
2015年度
2016年度
2017年度
2018年度
204
233
266
298
326
349
「学校法人上智学院事業報告書」より

■ 海外留学の促進

  • 1学年派遣の交換留学に加え、1学期留学や、4ヶ月の英語集中コース、海外短期研修など多彩なプログラム を用意
  • 一般留学(交換留学協定校以外への留学)の場合、「 海外留学奨励費」を支給
  • イエズス会・東アジア5大学グローバル・リーダーシップ・プログラム により、学生の主体的な国際交流を促進
  • 実践型プログラム により、教育研究と途上国の地域社会への貢献をリンクさせた活動を実践
  • 協定等に基づく学生派遣数の推移 (2013年度~2018年度)
 
2013年度
2014年度
2015年度
2016年度
2017年度
2018年度
長期留学
244
331
309
394
425
364
短期留学(3ヵ月未満)
370
485
475
574
601
610
「学校法人上智学院事業報告書」より

■ 英語による短期受入プログラムの拡充

■ 語学教育の質的充実を目指す「言語教育研究センター」の開設 (2012年4月)

  • 日本語教育の拡充(開講レベルの増設、短期プログラムの新設)
  • 日本人だけでなく、非英語圏からの留学生に対する英語教育も強化
  • 「語学力を伸ばしたい学生がどこまでも伸ばせる」カリキュラムと学習環境づくり
  • 日本語学習に対する意欲や能力向上の一助となることを目的とし、「上智大学留学生日本語スピーチコンテスト」を実施。

■ 外国語で実施する授業科目の増加

  • 外国語による授業科目数は全授業科目の約20%である1,456科目(2018年度)
    (外国語教育を主たる目的とするものは除く)
  • 主に日本語で授業を行っている学部・研究科でも英語による授業科目を増やし、日本人学生と留学生が共に学びうる環境を作り出している

■ 国際的に実績のある教員の採用と海外招聘客員教員受入制度

  • 国際公募の制度を経済、外国語、国際教養、理工学部、地球環境学研究科等で導入し、優秀な教員を採用。
  • 海外の高等教育機関・研究機関で活躍する著名な教員を招聘し、教育研究水準の向上や学術研究交流を促進。
  • 海外招聘客員教員による授業、セミナー、ワークショップで本学の国際性をさらに高め、研究活動にも貢献。
    (2005年より海外招聘客員教員制度開始。2018年度までに45名受入。)

■ 留学生支援

  • 留学生のサポートを積極的に行いたい学生に「留学生サポートリストバンド」を配布。留学生が困った時に声をかけやすい環境づくりを用意(2018年10月)
  • 留学生への全学的な支援・サービス体制を整備、充実させるための学内組織をつなぐ「留学生支援ネットワーク」を構築 (2010年9月)

■SSIC(Sophia Student Integration Commons)(2017年12月)

  • 学生相互支援の拠点としてSSIC(Sophia Student Integration Commons)を開設。日本人学生と外国人留学生の交流を促進する活動のほか、「学生同士の交流」「学生同士の相談」「障がいのある学生の休憩」を目的とした多目的スペースとなる。

■日本人学生と外国人留学生の混住型宿舎の整備

  • 多言語・多文化環境の中で共同生活(留学生は全体の65%以上)を営む祖師谷国際交流会館では、寮内でさまざまなイベントを実施(2012年4月~)

■ 外国人留学生へのキャリア支援

■ 外国人留学生への奨学金給付

■ 海外の大学とのネットワーク形成推進

■ 国内の大学とのネットワーク形成推進

■ 産業界・国際機関との連携

■ 中南米諸国との連携拡大

「大学の世界展開力強化事業~中南米等との大学間交流形成支援~」でLAP(Sophia Nanzan Latin America Program)が採択された。(メキシコ、コロンビア、ペルー、チリ、アルゼンチン、ブラジルの6カ国13大学と連携する留学プログラム(2015年9月))

■ 東南アジア諸国との連携拡大

■ COIL型教育を活用した国際連携

「大学の世界展開力強化事業~COIL型教育を活用した米国等の大学間交流形成支援~」でオンライン教育(Collaborative Online International Learning : COIL)が採択された。COILを利用した遠隔教育と交流事業を軸に、日本と米国の2国間の大学間連携を図る。(2018年9月)

■ 海外指定校入学試験制度の実施

受入重点国からの留学生受入促進のために、海外にある26校の高等学校(2019年6月現在)から、教育機関の長の推薦に基づき優秀な学生を受入れる入試制度を実施。今後は欧米、中南米、中東などにも拡大していく予定。

  • 聖心女子高等学校 Sacred Heart Girls’ High School (韓国) 
  • 東星高等学校 DongSung High School (韓国)
  • 復旦大学附属中学 High School Affiliated to Fudan University (中国
  • 釜一外国語学校 Puil Foreign Language High School (韓国)
  • Gonzaga High School (インドネシア)
  • Al Izhar Senior High School (インドネシア)
  • ザビエル高等学校 (ミクロネシア連邦)
  • United Nations International School of Hanoi (ベトナム)
  • International School Bankok (ISB) (タイ)
  • 薇閣高級中学 Taipei Wego Private High School (台湾)
  • 天主教衛道高級中学 St. Viator Catholic High School (台湾)
  • 曉明女中 Stella Matutina Girl's High School (台湾)
  • 国立台湾師範大学付属高級中学 The Affiliated Senior High School of National Taiwan Normal University (台湾)
  • United Nations International School (アメリカ)
  • 内モンゴル師範大学付属中学(中国(内モンゴル))
  • 呼和浩特市第二中学(中国(内モンゴル))
  • St. Berchmans Higher Secondary School(インド)
  • Loyola School(インド)
  • St. Joseph's Higher Secondary School(インド)
  • Chulalongkorn University Demonstration Secondary School(タイ)
  • Bak Touk High School(カンボジア)
  • 蘭州第一中学(中国)
  • 西北師範大学付属中学(中国)
  • Colegio Santo Inacio de Loiola(東ティモール)
  • International School of Dusseldorf(ドイツ)
  • Ruamrudee International School(タイ)

■ 全学的なグローバル化推進体制の構築

  • 理事長・学長の下に、「グローバル化推進本部」を設置 (2011年7月)

■ 「国際化達成度評価協力者会議」の開催

  • 本学のグローバル化推進に関して、外部評価を目的として「国際化達成度評価協力者会議」を開催 (2012年2月、2013年2月)

 「外部評価委員会(アドバイザリーボード)」の設置

  • 本学のグローバル化を図るグローバル化推進本部の諮問機関として設置(年2回会議を開催)(2015年10月~)

海外拠点の拡充

シェムリアップ、カイロ、ルクセンブルク、上海、ASEANハブセンター(タイ)、ケルン、ニューヨーク、北京、ロサンゼルス、の9拠点に設置。(2002年~)