上智大学

グローバル教育・留学 文部科学省「大学の世界展開力強化事業」

「大学の世界展開力強化事業~海外との戦略的高等教育連携支援~AIMSプログラム」

2013年、文部科学省はグローバル人材育成推進と国際的枠組のもとでの相互単位認定・成績管理における質保証の確立を目的として、補助金事業「大学の世界展開力強化事業~海外との戦略的高等教育連携支援~AIMSプログラム※」を開始し、ASEAN諸国との共同プログラムを構築する日本の大学に対し支援を行なうことになりました。

この事業に、上智大学の構想「多様性の調和を目指す学融合型の人間開発教育プログラム」が採択されました(採択件数:7件11大学/申請件数:25件34大学)。これにより、上智大学は本プログラムを「Sophia AIMSプログラム(SAIMS)」と名付け、東南アジアと日本の学生が共に学びグローバルな課題に挑戦する場を創るとともに、新たな国際高等教育モデルの構築を通してASEAN諸国と日本の連携を強化することを目指します。本プログラムで開講される科目はすべて英語で行なわれます。

人間開発に焦点を当てた学融合型のプログラムであるSAIMSは、「ヒューマン・エコロジー:社会と自然の多様性と連結性」をメインテーマにしています。SAIMSでは、東南アジアの学生と日本の学生が一緒に学ぶ必修科目「学融合型人間開発(TDHD=Introduction to Trans-Disciplinary Human Development)入門」、や夏期休暇中のフィールドワーク・ゼミナール「Human Ecology: Rivers」など、ユニークな科目を提供します。また、東南アジアの学生には「工学」および「言語・文化」分野での100以上の選択科目が提供されます。上智大学の学生は、留学先でASEAN諸国の名門大学がAIMSプログラムで提供する様々な分野を学ぶことができます。

2014年から2017年まで、毎年25~40名の東南アジアと日本の学部生がSAIMSプログラムに参加し、1学期間の留学を経験します。

※AIMSプログラム(ASEAN International Mobility for Students Programme)とは、SEAMEO(東南アジア教育大臣機構)加盟国を枠組みとする、ASEAN地域における政府主導の学部生向け学生交流プログラムで、2013年から日本も参加することになりました。

詳しくはSAIMS専用サイトをご覧ください。

関連リンク 
大学の世界展開力強化事業 文部科学省
 
大学の世界展開力強化事業 独立行政法人日本学術振興会(JSPS)
 
ASEAN International Mobility for Students Programme (AIMS)