上智大学

グローバル教育・留学 文部科学省「大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業(グローバル30)」

文部科学省「大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業(グローバル30)」

 2009年に文部科学省は、国際化拠点整備事業(グローバル30)※の拠点として13大学を採択し、上智大学はその一つの大学として選ばれました。
このプロジェクトは、日本政府が2008年に策定した「留学生30万人計画」を達成するために、「留学生受入体制の整備」、「英語による授業等の実施体制の構築」、「戦略的な国際連携」など、事業が終了した2013年度までの5年間で様々な取り組みを推進しました。
※2011年度から「大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業」

グローバル30における上智大学の取組

 2014年2月、グローバル30採択13大学は、 総括シンポジウム「国際化で大学は変わったか」を開催し、グローバル30における取組の成果や課題について議論しました。
 ポスターセッションにおいては、上智大学のグローバル30の5年間の取組を以下のとおり(PDF参照)紹介しました。

関連サイトへのリンク: