上智大学

イベント セミナーのお知らせ

リサーチ・セミナー「Health Policy and Systems Research(HPSR)とCOVID-19—ヘルスシステムの強靭性を探る」

日 時:3月8日(月)18:00‐20:00
言 語:日本語、英語、フランス語の同時通訳(言語選択可)
参加費:無料
登録サイトは こちら (ご登録後に、ログインIDとパスワードをお送りします。)
お問い合わせ:Jrapid2020[at]issjp.com(送信の際は [at] を @ に置き換えてください)
 
 
強靭なヘルスシステムを作るために、COVID-19の経験から、何を学ぶことができるのか。セミナーでは、現在、ブラジル、中国、フランス、カナダ、マリ、日本で実施している、フロントラインの病院における強靭性にフォーカスした国際共同研究の中から、フランスと日本のケーススタディーを紹介します。また、実践可能な「活きた」研究を促すHealth Policy and Systems Research (HPSR)について紹介します。

今回は、HPSRの発展に、長年にわたり貢献し、研究と実践を通して、特にアフリカのヘルス・システムの強化に携わってきたLucy Gilson教授に、HPSRとその応用について語っていただきます。また、Health System Global(HSG)の理事会で西太平洋地域の代表を務めるKatherine Ann Villegas Reyes教授に、地域内で、新しく始まったHPSRのネットワーキング・プロジェクトについてお話いただきます。

Health System Global
Lucy Gilson : University of Cape Town and London School of Hyeigne and Tropical Medicine
Katherine Ann Villegas Reyes : University of the Philippines

国際共同研究チーム( HoSPiCOVID WEBサイト
Valéry Ridde : CEPED/IRD/INSERM/University of Paris
Fanny Chabrol : CEPED/IRD
Lola Traverson : CEPED/IRD
Christian Dagenais : University of Montreal

国際共同研究チーム(日本)
本田 文子 : 上智大学
野田 信一郎 : 国立国際医療研究センター 
田村 豊光 : 国立国際医療研究センター 
馬場 洋子 : 国立国際医療研究センター
小土井 悠 : 国立国際医療研究センター 

主 催:上智大学 JST J-RAPID「新型コロナウイルス感染症への対応とヘルス・システムの「強靭性」の研究」研究代表者(経済学部経済学科・教授 本田文子)
本研究は、JST J-RAPID、JPMJJR2011 の支援を受けたものです。