上智大学

イベント メディア・ジャーナリズム研究所主催 「TokyoDocs2018上映会 in 上智大学」

メディア・ジャーナリズム研究所主催 「TokyoDocs2018上映会 in 上智大学」

10月13日(土)に、上智大学メディア・ジャーナリズム研究所の主催で「TokyoDocs2018上映会 in 上智大学」を開催します。

この上映会+トークセッションは、2018年11月5日~7日に開催されるドキュメンタリーの国際企画提案会議であるTokyoDocs2018の一環として開催するものです。上映される「ノンフィクションW 写真家レスリー・キーと1万人のカミングアウト」は、2016年のTokyoDocsで、製作会社テムジンから企画提案され、その後、WOWOWとともに製作、放送されたものです。

同性間のパートナーシップを認める条例が複数の自治体で制定されるなど、LGBTと呼ばれる性的マイノリティの権利擁護の動きが高まっているなかで、この問題を真正面から取り上げたドキュメンタリーを、国際共同製作の企画提案会議の場で提案し、作品完成に至った経緯を含め、性的マイノリティの問題をドキュメンタリーという手法で取り上げていくことの意味を、製作に携わった関係者と議論していきます。

フライヤーはこちら(3.97 MB)

日時:2018年10月13日(土)13:30~16:00(開場13:00)

会場:上智大学四谷キャンパス 6号館(ソフィアタワー)1階101教室
   (JR・地下鉄「四ツ谷」駅 徒歩5分)

主催:上智大学メディア・ジャーナリズム研究所

  • ※四谷キャンパスは、当日、北門が閉鎖されています。キャンパス内には正門(土手沿い)からお入りください。

13:00   開場
13:30   【上映会】
        「ノンフィクションW 写真家レスリー・キーと1万人のカミングアウト」
14:45   【トークセッション】
        平野まゆ(テムジン プロデューサー)
        中川あゆみ(テムジン ディレクター)
        古谷秀樹(WOWOW プロデューサー)
        音好宏(上智大学教授、同メディア・ジャーナリズム研究所所長)
16:00   終了予定