上智大学

大学案内 後援会会長メッセージ

後援会会長メッセージ

ご父母・保証人の皆様へ

ご挨拶

上智大学後援会は、当時の在学生の父母が、イエズス会所属の先生方が、大学に対し給与から多額の寄付をしていることを知ったことがきっかけで、1973年に発足した任意の団体です。会員は在校生の父母・保証人であり、学生の学習環境を少しでも改善させ、有意義で充実した学生生活を送ってほしいという善意の会費で運営されています。

後援会の活動内容の特徴は、「我々父母・保証人の目線」による学生への援助にあります。具体的には、大学の教育環境・設備の改善援助、様々な奨学金、英語学習アドバイザーや留学カウンセラーの配置費用補助、学生食堂の朝食メニューの料金補助(100円朝食)、震災復興支援ボランティア活動や課外活動団体への助成など、学生一人一人のニーズをふまえ、大学とともに多岐にわたりきめ細かく支援を行っております。また、会員相互の親睦も重要な後援会活動のひとつです。後援会主催の懇親会では、髙祖理事長、曄道学長をはじめ多くの先生方も参加され、親もソフィアファミリーの一員として迎え入れられており、大学と親との距離も近いという上智大学の魅力を実感できる貴重な場となっています。

学生は上智大学を卒業すると、いよいよ自らの力で社会に貢献していく生活が始まります。その最後の基盤となるこの上智大学での学びは、学生一人ひとりにとって生涯にわたる貴重な財産となると思います。そのために後援会は、大学と共に、全ての学生へより良い学びの支えとなることをめざしてまいります。上智大学後援会へのご理解とご支援をどうぞよろしくお願い致します。
 
第40代会長  荒牧 謙治