上智大学

大学案内 2019年度「関西地区懇親会」

2019年度「関西地区懇親会」

12月1日(日)に「関西地区懇親会」を開催しました

 2019年12月1日(日)に、上智大学後援会では、今年で5回目となる「関西地区懇親会」を大阪サテライトキャンパスとハートンホテル北梅田で開催しました。大阪、兵庫、奈良、香川、岡山など関西地区の会員の皆様のほか、関西ソフィア会(同窓会)の方々にも参加いただき、約40人の出席者が和気あいあいと懇談しました。

◆1部 講演会

 「関西地区懇親会」は2部構成となっており、1部は13時から大阪サテライトキャンパスにおいて、本学文学部保健体育研究室の島健教授による講演会を行いました。
 島教授は、「身体とスポーツから考える共生社会」と題して、スライドや映像を交えながら、約1時間に亘り講演されました。「共生社会」「デフリンピック」「スペシャルオリンピックス」「パラリンピック」「アダプデットスポーツ」「ユニバーサルマナー」「LGBTs」など多彩なキーワードを挙げて話を進め、参加者は熱心に耳を傾けていました。
 また島教授は、来年に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて行っている、本学の学生と教職員による「ソフィア・オリンピック・パラリンピック・プロジェクト」の活動を紹介し、講演を締めくくりました。

1部 講演会

◆2部 懇親会


 講演会終了後、出席者は大阪梅田教会の聖堂を見学し、懇親会会場に向かいました。
 
 14時20分からは、会場をハートンホテル北梅田2階の「ぐんじょう」に移して、懇親会を開催しました。
 佐藤潤一後援会会長の挨拶で開会し、出席している後援会役員、大学関係者及び関西ソフィア会の方々の紹介のあと、辰巳貞一関西ソフィア会会長の乾杯の発声で和やかに歓談が始まりました。会員の皆様は、会員同士あるいは関西ソフィア会の方々と交流を深められ、盛会のうちに閉会しました。

2部 懇親会
2部 懇親会