上智大学

大学案内 理事長メッセージ

理事長メッセージ

上智学院理事長 高祖敏明

学校法人上智学院理事長 高祖敏明
学校法人上智学院理事長 高祖敏明

みなさんがこれから受験する「大学」とはどんな意味を持つ場所でしょうか。そう問われて、まずは自由を満喫する、そしてその先にある社会に適応できる高度な能力や知識を身につける場所、と答える人は多いでしょう。では、みなさんが「適応」しようとしているのはどんな社会、どういう世界なのでしょう。

イエズス会の出身の現ローマ教皇フランシスコは、世界の若者たちに「潮流に逆らう勇気をもってください」というメッセージを送りました。ここでの「潮流」とは、「この世界はあらゆることが不確実だから、時間をかけてひとつのことを成し遂げたり、普遍的な価値を追究するよりも、それぞれの瞬間毎に自分や自分たちの利益と快楽を効率的に得るほうがよい」という考え方を指しています。

私たちが直面しているさまざまな困難(戦乱や経済的格差の拡大、差別、環境破壊など)の存在と、それらに対する無関心の多くが、この潮流から生まれているとすれば、はたして、それに乗る、あるいは流されることが、社会に適応するということなのでしょうか。むしろ、そのような流れに疑問を持ち、別の潮流をつくろうとする人々こそ、現代社会が必要としている人材なのではないでしょうか。もちろん、そこには意欲だけでなく社会の各分野で実績を挙げるだけの知的能力も技量も必要になりますが、そうした知性が他者へのまなざしを含み、他者とのかかわりを重視しているものなのかどうかが、問われているのです。

他者のために、他者とともに。イエズス会の教育精神“Men and Women for Others, with Others”を継承する上智は、自分が生きる現実を直視しながら、よりよい世界を想像し、構想できる人々を社会に送り出すことを自らの使命とする大学であり続けます。この精神に共鳴し、それを追求したいみなさんと四谷キャンパスで逢える日を、楽しみにしています。


上智学院 理事長
上智大学 総合人間科学部 教授
高祖 敏明

1947年広島県生まれ。1971年上智大学文学部哲学科卒、1976年同大学院文学研究科教育学専攻博士課程満期退学。1991年上智大学文学部教育学科教授、1993年同文学部長を経て、1996年上智学院理事、2005年総合人間科学部教育学科教授、1999年から上智学院理事長。