上智大学

大学案内 1968年から1992年まで

1968年から1992年まで

21世紀に向けた新たな取り組みが

1968年から1992年までは、上智短期大学の開設、ホフマン・ホール竣工、中央図書館・総合研究棟の開館、市谷キャンパス研究棟の竣工、そして、1988年には創立75周年を迎えるなど、21世紀に向けた新たな動きが見られた。

第6代学長 守屋美賀雄(1968~1975)
第6代学長守屋美賀雄
第6代学長 守屋美賀雄

1968年(昭和43年) 守屋美賀雄理工学部教授、第6代学長に就任
・経済学部商学科を経済学部経営学科に改称
・大学院文学研究科に国文学専攻、フランス文学専攻の修士課程を増設。同研究科に教育学専攻、日本史学専攻の博士課程を増設
・大学院法学研究科(法律学専攻)、理工学研究科(機械工学専攻、電気・電子工学専攻、応用化学専攻、化学専攻、物理学専攻)の博士課程を開設
・秦野キャンパス総合グラウンド開場
・全共闘によるバリケードを解除、6ヶ月間の臨時休校を発表(1969年4月に解除)
 
1969年(昭和44年)
・全校集会で臨時休校措置を解除、学校再開
・大学院理工学研究科数学専攻の修士課程を増設
・6号館、7号館竣工(6号館は2008年解体)
 
1970年(昭和45年)
・大学院外国語学研究科(言語学専攻)の修士課程を開設
・大学院文学研究科国文学専攻の博士課程を増設
 
1971年(昭和46年)
・海外帰国子女入学制度、外国人入学制度開始
・大学院文学研究科新聞学専攻の修士課程を開設
・大学院外国語学研究科国際関係論専攻の修士課程を開設
・8号館、体育館竣工
 
1972年(昭和47年)
・大学院文学研究科社会学専攻の修士課程を開設
・大学院理工学研究科数学専攻の博士課程を増設

1973年(昭和48年)
・上智短期大学開設
・大学院外国語学研究科言語学専攻、国際関係論専攻の博士課程を増設
・上智大学後援会発足

第7代学長 ヨゼフ・ピタウ(1975~1981)
第7代学長ヨゼフ・ピタウ
第7代学長 ヨゼフ・ピタウ

1975年(昭和50年) ヨゼフ・ピタウ法学部教授、第7代学長に就任
・外国語学部に日本語・日本文化学科を増設(英語による講義)

1976年(昭和51年)
・文学部に心理学科、社会福祉学科を増設
・ソフィア・コミュニティカレッジ始まる、公開講座が本格的に開始された
・上智短期大学ソフィア会(同窓会)発足
 
1977年(昭和52年)
・外国語学部日本語・日本文化学科を比較文化学科に名称変更
・9号館竣工
 
1978年(昭和53年)
・大学院理工学研究科生物科学専攻の博士前期課程を増設
 
1979年(昭和54年)
・大学院外国語学研究科比較文化専攻の博士前期課程を開設(英語による講義)
 
1980年(昭和55年)
・法学部に国際関係法学科を増設
・ホフマン・ホールの竣工
・上智榎寮(女子寮)の竣工(2008年閉寮)
・国際部(International Division)廃止

1981年(昭和56年)2月 
・教皇ヨハネ・パウロ2世 来校

第8代学長 柳瀬睦男(1981~1984)
第8代学長柳瀬睦男
第8代学長 柳瀬睦男

1981年(昭和56年) 柳瀬睦男理工学部教授、第8代学長に就任
・大学院理工学研究科生物科学専攻の博士後期課程を増設
・マザー・テレサ来校(1982年、1984年にも来校)
 
1982年(昭和57年)
・10号館竣工
 
1983年(昭和58年)
・中央図書館・総合研究棟竣工
 

第9代学長 橋口倫介(1984~1987)
第9代学長橋口倫介
第9代学長 橋口倫介

1984年(昭和59年) 橋口倫介文学部教授、第9代学長に就任
・中央図書館・総合研究棟開館
・市谷キャンパス研究棟の竣工
 
1985年(昭和60年)
・大学院外国語学研究科言語学専攻に言語障害研究コースを設置(2007年に言語聴覚研究コースに改称)
 

第10代学長 土田將雄(1987~1993)
第10代学長土田將雄
第10代学長 土田將雄

1987年(昭和62年) 土田將雄文学部教授、第10代学長に就任
・比較文化学部(比較文化学科、日本語・日本文化学科)を開設(英語による講義)
   
1988年(昭和63年)
・創立75周年記念式典挙行
 
1992年(平成4年)
・大学院文学研究科心理学専攻に博士前期課程を増設
・11号館、上智紀尾井坂ビル竣工

← 聖フランシスコ・ザビエルの来日から1967年まで

1993年から現在まで →