上智大学

大学案内 SDGs&サステナビリティにかかわる、上智大学の教育・研究の取り組み (記事・サイト SDG8~17)

SDGs&サステナビリティにかかわる、上智大学の教育・研究の取り組み (記事・サイト SDG8~17)


■SDGsに貢献するESG投資は消費者にも無縁ではない
SDGsのロゴマーク 8、14

法学部 法律学科 梅村 悠 教授

読売新聞オンライン 上智大学の視点 ~SDGs編~


■【プロフェッショナルスタディーズ】
 グローバル化時代の持続可能な開発目標達成のための科学技術イノベーション(STI for SDGs):理論と実践
SDGsのロゴマーク 9

担当コーディネーター:
 上智大学大学院 地球環境学研究科 安納 住子 教授 
 
上智大学プロフェッショナル・スタディーズ


■【読売新聞オンライン】
 「難民」についてまず知ることも~SDGsを通して平和への貢献につなげる

■【読売新聞オンライン】
 自分ごととしての紛争と紛争解決から考える持続可能な未来
SDGsのロゴマーク 10と16

総合グローバル学部 総合グローバル学科 小林 綾子  特任助教  

読売新聞オンライン 上智大学の視点 ~SDGs編~


■【読売新聞オンライン】
 ごみ問題からSDGsを考えてみよう! ペットボトルからも、つながる世界が見えてくる
SDGsのロゴマーク 11と12

地球環境学研究科 織 朱實 教授

読売新聞オンライン 上智大学の視点 ~SDGs編~


■【読売新聞オンライン】
 新型コロナの災いを転じて「エシカル消費」への扉を開けるか
SDGsのロゴマーク 12と13

大学院地球環境学研究科 井上 直己 准教授

読売新聞オンライン 上智大学の視点 ~SDGs編~


■【読売新聞オンライン】
 熱帯雨林に暮らしてきた人々の知恵が新しい森林マネジメントに活かされる
SDGsのロゴマーク 12と15

総合グローバル学部 総合グローバル学科 戸田 美佳子 准教授

読売新聞オンライン 上智大学の視点 ~SDGs編~


■【読売新聞オンライン】
 熱帯雨林に暮らしてきた人々の知恵が新しい森林マネジメントに活かされる
SDGsのロゴマーク 13と15

グローバル教育センター 杉浦 未希子 准教授

読売新聞オンライン 上智大学の視点 ~SDGs編~


■グローバル教育センター主催連続セミナー 「人間の安全保障と平和構築」
SDGsのロゴマーク 16

上智大学グローバル教育センターでは、2016年4月より「人間の安全保障と平和構築」をテーマに、連続セミナーを実施しています。2017年度の連続セミナーは、学内で学生から最も高い評価を得た授業に送られる「グッドプラクテイス賞」も受賞しました。2021年度も4月から7月にかけて5回のセミナーを開催します(国際関係研究所、人間の安全保障研究所が共催、上智大学ソフィア会が後援)。
 
セミナーには、学生をはじめ、国連関係者、NGO、専門家、市民の方々、誰でも参加頂けます。また上智大学に所属する学生は、東大作教授が担当する「自主研究(グローバル課題研究)」を履修し、5回の連続セミナーに参加して、最後にリポートを提出することで単位(2単位)も取得することができます。(もちろん、授業として履修せずに、自分の関心のある回のみ参加することも可能です。)
 
連続セミナーには、人間の安全保障と平和構築に関し、日本を代表する専門家や政策責任者を講師として招待します。人間の安全保障と平和構築に関する歴史的な変遷、最新の動向、そして日本が果たし得る役割などについて話をして頂き、参加者と共に、今後の平和構築の課題や、あるべき姿について議論を深めていきます

■グローバル教育センター主催連続セミナー 「人間の安全保障と平和構築」


■【上智大学国際関係研究所(SIIR)】
SDGsのロゴマーク 16

上智大学国際関係研究所(SIIR)は2015年7月1日に設立されました。
その目的は、国際関係の研究を通じて、グローバル化時代の平和と発展に寄与することにあり、特に日本から見た国際関係に重点を置きつつ、政治・経済面を中心に、国際関係にまつわる幅広い問題についての分析、研究を行い、その成果を広く社会に向けて発信していきます。

本研究所は、国内外の研究機関とも積極的に連携して上記の目的に沿った研究を進めると同時に、「教員と学生が一緒に議論できる研究所」をモットーに、本学における国際関係研究の活性化を通じて、学生の教育にも寄与していきます。

上智大学国際関係研究所(SIIR)


■【国際協力人材育成センター】
 緊急人道支援講座 -人道支援の基礎スキル-
SDGsのロゴマーク 16

緊急人道支援に取組むための基礎的な知識やスキルを身につけ、その後のキャリアに活かしてもらうことを目的とした、国際協力人材育成センター開講の講座。緊急下の人道支援対応のためのマネジメントやアドボカシー、メディア対応、ファンドレイジング、交渉術、安全管理などを学ぶ。講師陣は国際機関、NGO、JICA、赤十字、民間などで緊急人道支援の最前線で経験を積んだ方々。毎回講義と演習を組み合わせて効果的な学びが得られるよう工夫されている。

緊急人道支援講座 -人道支援の基礎スキル-


■【読売新聞オンライン】
 投資を通じてサステナブルな社会をつくる -ESG投資を日本でも広めるには
SDGsのロゴマーク 17とALL

上智大学特任教授 / 学校法人上智学院理事 引間 雅史

読売新聞オンライン 上智大学の視点 ~SDGs編~


■【東洋経済ONLINE】
 上智大学で学ぶ、投資家を動かす「統合報告書」 SDGsはバッジを付けただけでは意味がない
SDGsのロゴマーク 17とALL

上智大学特任教授 / 学校法人上智学院理事 引間 雅史
上智大学グローバル教育センター 特任教授 浦元 義照

東洋経済ONLINE 上智大学で学ぶ、投資家を動かす「統合報告書」 


■TGU×SDGs|採択校の取組|スーパーグローバル大学創成支援事業
SDGsのロゴマーク ALL

スーパーグローバル大学創成支援事業 採択校による、SDGsの取り組みを紹介しています。

■TGU×SDGs|採択校の取組|スーパーグローバル大学創成支援事業


■朝日新聞GLOBE+「SDGsに取り組む日本の大学」
【上智大学】世界の人々と共に歩むキリスト教精神を基底に、SDGsが解決を目指す様々な問題に取り組む人材を育てます。
SDGsのロゴマーク ALL

曄道佳明学長メッセージ
「SDGsの目的とも重なる教育理念の下で、地球上の諸問題を俯瞰し展望する力を学ぶ」

https://globe.asahi.com/article/13982165


■【東洋経済ONLINE】
 「国連で働きたい」と「国際貢献がしたい」は違う
 上智の国連Weeksで触れる「リアルな現場感」

2021年10月11日(月)から25日(月)まで誰でも聴講できる「上智大学国連Weeks」がオンラインで開催される。1945年に国際連合が正式に発足した日である10月24日の「国連デー」に合わせて、上智大学で開催されるようになって今年で8年目。パンデミック、SDGs、脱炭素と、国を超えた協力が必要になっていく中で、個人ができることは何なのか。国連広報センター所長の根本かおる氏と、上智大学教授の植木安弘氏に聞いた。 
 
東洋経済オンライン


■情報発信プラットフォーム - 東京都政策企画局

「大学との定例懇談会」に参加する大学それぞれが取り組んでいる、東京の持続的発展やSDGs17目標に関連する教育・研究を発信するプラットフォームです。

https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.lg.jp/basic-plan/daigaku/info-platform.html