Sophia University

Academics Professors Information

GRAMLICH-OKA Bettina

Professor
Japanese History

On sabbatical leave during autumn 2022

M.A., Sophia University
Ph.D., Tübingen University

Research and Teaching Interests:

In my research, I concentrate on the Tokugawa period (1603–1867). My main interests are the fields of gender, economic thought, medical history, and in particular network studies as part of a digital history project.
In teaching, I implement in relevant courses the innovative Reacting-to-the-Past-Pedagogy, and more recently digital humanities in the classroom.
Since 2014 I am the editor of Monumenta Nipponica.
Email: gramlich-oka[at]sophia.ac.jp
Tel: 03-3238-4065
Office: 10-520

Selected Publications

Books

Book Chapters

  • グラムリヒ=オカ・ベティーナ「「道を知る」こと—学問の転換期と頼春水」、『幕藩制転換期の経済思想』小室正紀(編)、1–29、慶應義塾大学出版会、2016年。
  • グラムリヒ=オカ・ベティーナ「日本経済思想の文献のヨーロッパ言語への翻訳について—十九世紀を中心に」、『時間と空間の中で経済思想史』川口浩(編)、185–213、ぺりかん社、2016年。
  • グラムリヒ=オカ・ベティーナ「欧米における日本経済思想史研究」、『日本経済思想史—江戸から昭和』川口浩、石井寿美世、ベティーナ・グラムリヒ=オカ、劉群芸 (著者)、271–91、勁草書房、2015年。

Journal Articles

  • ベティーナ・グラムリヒ=オカ「只野真葛(1763–1825):近世の学者ネットワークとジェンダー」(2019年度国際研究フォーラム:国学院大学研究開発推進機構日本文化研究所、 2021.2.28)、57–70.
  • ベティーナ・グラムリヒ=オカ「大学資料を使用する教育の可能性:デジタル・ヒューマニティーズを活用して」『アルケイア-記録・情報・歴史-』第14号(2019)、南山大学、 1–13.
  • ベティーナ・グラムリヒ=オカ「只野真葛のキリシタン考」国際日本学研究所研究成果報告集『国際日本学』13号(2015)、法政大学, 183–208.

COURSES

Faculty of Liberal Arts

Course No Title 2022 Semester Offered
HST251 DEVELOPMENT OF JAPANESE CIVILIZATION 1 Not Offered
HST302
TOPICS IN HISTORY 1
Not Offered
HST352 WOMEN IN JAPANESE HISTORY Spring

Graduate Program in Global Studies

 Course No  Title  2022 Semester Offered
 JS532Z  JAPANESE HISTORY  Spring
 JS720Z  ADVANCED STUDIES IN JAPANESE HISTORY  Spring