2007年度上智大学シラバス

2007/03/08更新
◆ライフサイクルアセスメント - (通・集中)
安井 至
○講義概要
ライフサイクルアセスメント=LCAを実施できるようなスキルを得ることが最大の目標。簡単な環境負荷の評価ができるようになれば、その応用として、製品や企業の評価だけでなく、ライフスタイルの選択、さらには、環境問題の究極的な解決法に至るまで、深い洞察力を付けることが可能になることを学ぶ。
○評価方法
出席状況(35%)、授業参画(15%)、リアクションペーパー(15%)、レポート(35%)
○テキスト
使用しない。資料はすべてファイルの形で提供する。
○必要な外国語
なし
○他学部・他学科生の受講

○授業計画
11回目:導入講義「LCAとは何か」
22回目:実習その1 Excelを使用して、実際にLCAを体験してみる。
33回目:実習その2 徐々に複雑なLCAに挑戦する。
44回目:実習その3 続き
55回目:すでに存在しているLCAデータの読み方 その1
66回目: 同上 その2 リサイクル
77回目: 検討課題の提示、課題学習の準備
88回目: 7回目と8回目の間で、課題学習を実施するが、その質問
99回目: LCAの応用 その1 企業とLCA
1010回目: LCAの応用 その2 CSRとLCA
1111~13回目: 課題学習の発表
1214回目: LCA的環境問題解決

  

Copyright (C) 2007 Sophia University
By:上智大学 学事センター