2007年度上智大学シラバス

2007/03/04更新
◆農業と環境 - (秋)
森田 茂紀
○科目サブタイトル
環境と持続的農業
○講義概要
食料生産の基礎となる作物栽培の歴史や現状を踏まえて、それが環境と作物と技術の相互作用によって規定されていることを解説する。また、作物の遺伝的な改良と栽培技術の改善によって、低投入持続的農業・環境調和型農業を確立する試みを紹介する。東大農場の見学、実践家の話題提供、自分が係っているプロジェクトや、農業と関係に関する最近のトピックの紹介などを織り交ぜていく予定である。農業関係の講義がほかにないことを考慮して、農学入門となるような内容にしたいと考えている。
○評価方法
出席状況(15%)、秋学期末試験(授業期間中)(60%)、小テスト等(25%)
○テキスト
テキストとして以下のものを使用するほか、必要に応じて資料を配布する。
森田茂紀・大門弘幸・阿部淳『栽培学-環境と持続的農業-』 朝倉書店 2006年
○参考書
授業の中で適宜、紹介する。
○他学部・他学科生の受講

○授業計画
1ガイダンス(自己紹介、研究内容の概要、教科書と参考書、授業の進め方と評価方法) 食料生産と栽培学(テキスト第1章)
2耕地生態系の構造と機能(テキスト第4章)
3東大農場の見学(日程については相談のうえ)
4作物の起源と農耕文化(テキスト第2章)と作物の遺伝的改良(テキスト第3章)
5作物栽培と栽培管理(テキスト第5章)
6収量と生育診断(テキスト第6章)
7環境問題と作物栽培(テキスト第9章の前半)
8環境問題と作物栽培(テキスト第9章の後半)
9低投入持続的農業・環境調和型農業(テキスト第10章の前半)
10低投入持続的農業・環境調和型農業(テキスト第10章の後半)
11研究者・実践家の話題提供(日程は調整のうえ)
12農業と環境の現在と将来(テキスト第11章の前半)
13農業と環境の現在と将来(テキスト第11章の前半)

  

Copyright (C) 2007 Sophia University
By:上智大学 学事センター