2007年度上智大学シラバス

2007/02/26更新
◆企業の社会的責任 - (春)
藤井 良広
○講義概要
環境、社会、ガバナンスなど、企業が求められている社会責任活動(CSR)を理論、実践の両面から検証し、主要な論点を取り上げる。株主資本主義と対比する形でのステークホルダー資本主義の評価を軸に、多様なCSRの各側面を理論的に分析する。
○評価方法
出席状況(20%)、レポート(80%)
○テキスト
各回ともHPにアップしたレジュメを各自、ダウンロードしてテキストとする。HPは http://fujii.genv.sophia.ac.jp/ 
閲覧にはパスワードが必要
○参考書
藤井良広・原田勝広『現場発CSR優良企業への挑戦』日本経済新聞社、2006年
経済法令研究会編『金融CSR総覧』経済法令研究会、2007年
松野務。堀越芳昭・合力知工『「企業の社会的責任論」の形成と展開』ミネルバ書房
○他学部・他学科生の受講
可 (聴講希望者は届出が必要)
○ホームページURL
http://fujii.genv.sophia.ac.jp/
○授業計画
1CSRの概要。会社を考える
2日本的経営とCSRの類似性と相違性
3ステークホルダー資本主義としてのCSR
4サプライチェーン問題と競争力
5サプライチェーンのセルサイドの課題
6中小企業にとってのCSR
7コンプライアンスとしてのCSR。企業不祥事の検証
8「働き甲斐」とは何か。労働CSRの視点
9人権問題とCSR
10環境リスクマネジメントとしてのCSR
11コミュニティとCSR
12CSRマネジメント
13SRIの展開と役割
14まとめ

  

Copyright (C) 2007 Sophia University
By:上智大学 学事センター