2007年度上智大学シラバス

2007/03/29更新
◆演習Ⅰ - (春)
プテンカラム ジョンジョセフ
○科目サブタイトル
経済開発と地球環境
○講義概要
 この演習では、開発経済学の枠組みで地球環境問題の現状を分析する。その上で、持続可能な未来の構築に向け、いかなるビジョンを共有すべきかを探求することをねらいとしている。
 特に、開発途上国の貧困、教育などさまざまな問題、とりわけ環境に関わる問題の知識を高め、経済・社会・人間開発などアルターナティブな解決策となりうる道を探求していく。また、開発途上国の環境政策の現状を考察し、21世紀社会に求められる真の開発と環境の関わりを研究することを目的としている。
○評価方法
出席状況(10%)、授業参画(30%)、レポート(60%)
出席、発表、ディスカッション、レポート/試験によって成績が決まる。
○テキスト
ジョン・ジョセフ・プテンカラム『開発と環境 「持続可能な間開発」』 南芸出版・東京・2007
ジョン・ジョセフ・プテンカラム『経済開発から人間開発へ Vol.2 「人間開発」』 南芸出版・東京・2005
○参考書
国連開発計画『UNDPレポート』国連開発計画・1991-2005
ジョン・ジョセフ・プテンカラム『グローバライゼーション 新世界経済秩序』南芸出版・東京・2003
John Joseph Puthenkalam "Empowerment:Sustainable Human Development Strategy for Poverty Alleviation" Rawat・Delhi・2004
○他学部・他学科生の受講

○ホームページURL
http://pweb.sophia.ac.jp/~j-puthen
○授業計画
1トピック・イントロダクション
2経済開発の概念(1)・経済開発学の登場
3経済開発の概念(2)・開発による環境問題
4経済開発の概念(3)・持続可能な開発
5開発と環境の現状(1)・開発途上国の現状
6開発と環境の現状(2)・先進国の開発アプローチ
7開発と環境の現状(3)・多国籍企業と開発途上国
8開発と環境の現状(4)・国際機関とODA
9開発と環境問題の解決(1)・経済成長モデル
10開発と環境問題の解決(2)・ベイシックニーズと貧困
11開発と環境問題の解決(3)・社会開発とエンパワーメント
12開発と環境問題の解決(4)・人間開発と教育
13開発と環境問題の解決(5)・市民社会とNGOによるアルターナティブアプローチ
14まとめ

  

Copyright (C) 2007 Sophia University
By:上智大学 学事センター