文字サイズ

学生生活

  1. HOME
  2. 学生生活
  3. ボランティア・ビューロー
  4. 概要
  5. ごあいさつ
学生生活サポート
ソフィアンズガイド(PDF版)
学生生活安全・安心ハンドブック―トラブルから身を守るために―(PDF版)
祈りの部屋の利用
アルバイトの紹介
学内託児室の利用
福利厚生施設のご案内(学生食堂・セミナーハウス等)
学内で利用できる施設(学生食堂、購買部、コンビニエンスストア等)
学外で利用できる施設(セミナーハウス、山小屋等)
学内の学生相談窓口
学内での拾得物について
学生教育研究災害傷害保険(学研災)について
博物館・美術館等の利用特典制度について
授業履修/教務/証明書の発行
シラバス(講義概要)検索
助産学専攻科履修要綱
2016年度 助産学専攻科履修要綱
2015年度 助産学専攻科履修要綱
転部科・学士入学・再入学について
教学支援システム「Loyola」
学事日程/学年暦
2010年度学年暦・学事日程
2012年度学年暦・学事日程
2013年度学年暦 ・学事日程
2014年度学年暦・学事日程
2015年度学年暦・学事日程
2016年度学年暦・学事日程
2017年度学年暦・学事日程
学則(学部・大学院)
学部履修要覧
2017年度 履修要覧 共通編
2017年度 履修要覧 学科科目編
2016年度 履修要覧 共通編
2016年度 履修要覧 (学科科目編)
2015年度 履修要覧 対象:14年次生以降(学部)
2015年度 履修要覧 対象:13年次生以前(学部)
2015年度 履修要覧 理工学部07年次生以前
2015年度 履修要覧 全学共通科目(FLA・FST)
2014年度 履修要覧 対象:14年次生(学部)
2014年度 履修要覧 対象:13年次生以前(学部)
2014年度 履修要覧 理工学部07年次生以前
2013度 履修要覧共通編(学部)
2013年度 履修要覧学科科目編(学部)
2013年度 履修要覧学科科目編 理工学部07年次生以前
2012年度 履修要覧共通編(学部)
2012年度 履修要覧学科科目編(学部)
2011年度履修要覧
2010年度履修要覧
学部授業時間表
2012年度 時間割表
2011年度 授業時間表
2010年度 授業時間表
大学院履修要綱
2017年度 大学院履修要綱
2016年度 大学院履修要綱
2015年度 大学院履修要綱
2014年度 大学院履修要綱
2013年度 大学院履修要綱
2012年度大学院履修要綱
2011年度大学院履修要綱
2010年度大学院履修要綱
法科大学院履修要綱
2017年度 法科大学院履修要綱
2016年度 法科大学院履修要綱
2015年度 法科大学院履修要綱
2014年度 法科大学院履修要綱
2013年度 法科大学院履修要綱
2012年度法科大学院履修要綱
2011年度 法科大学院履修要綱
2010年度 法科大学院履修要綱
証明書の発行について
在学生の方
卒業生の方
課外活動
課外活動の基本事項
課外活動団体一覧(クラブ・サークル)
上智大学・南山大学総合対抗運動競技大会(上南戦)
奨学金情報
奨学金案内
入学前に出願する奨学金
学部入試受験生対象奨学金
大学院入試受験生対象奨学金
Scholarships For English Course Applicants
上智大学修学奨励奨学金
日本学生支援機構奨学金
留学中の給付奨学金
被災学生への特別措置
家計急変者対象特別措置
学費
学部
大学院
専攻科
Non-Degree
学費の請求と納入期限について (2017年度)
学費の減額について
2017年度学費案内
学生寮/アパート/学生マンション
学生寮案内
アパート・学生マンション紹介
教職課程/学芸員課程
教職課程履修
2017年度版
2016年度版
2015年度版
2014年度版
2013年度版
2012年度版
2011年度版
2010年度版
2009年度版
2008年度版
2007年度版
2006年度版
学芸員課程履修
卒業生へのご案内
2017年 12月開催 教員免許状更新講習について(文部科学省 認定済)
オールソフィアンの集い(2017年5月28日開催)
科目等履修生(教職・学芸員課程履修コース)
メールアドレス登録のお願い
証明書の発行について
学校・教育委員会関係者へのご案内
2017年度 12月開催 教員免許状更新講習について(文部科学省 認定済)
学校ボランティア
教員養成に関する情報の公表
ボランティア・ビューロー
概要
ごあいさつ
活動のあゆみ
ボランティア・ビューローの「ロゴ」
ボランティア・ビューローの愛称「ボランチ」
ボランティア募集情報の学内掲示等をご希望の方へ
ボランチ通信
取り組み
ボランティアを始めたい人に
復興支援活動について
ボランティア養成講座
困ったらすぐに窓口へ
健康管理
保健センターについて
保健センター利用案内
応急処置
看護師による健康相談・病院紹介
内科相談
心の健康相談
夜間救護室
その他のサービス
健康診断証明書
感染症
感染症にかかったとき
インフルエンザ
麻しん(はしか)
結核 
風疹
冬に流行する感染症胃腸炎にご注意
学内のAED
海外における健康管理
カウンセリングセンター
利用案内
ワークショップ・セミナー案内
カウンセリングってどんなもの?
教職員の方々へ
ご家族の方々へ
外部の方々へ
リーフレットについて
目白聖母キャンパスの皆さんへ
災害時のこころのケア
カウンセリングセンターニュースについて

ごあいさつ

ごあいさつ

『自分のためのボランティアのススメ』

学生センター長補佐 兼ボランティア・ビューロー担当主任 川西 諭

「情けは人のためならず」という諺があります。意味を誤解されがちですが、正しくは「他人に情けをかける(他人を助ける)ことは、その人のためだけでなく、自分のためにもなることだから大いに情けをかけなさい」という意味です。

 日本ではボランティアという言葉が自己犠牲という意味を持つかのように語られることがあり、自分のためにボランティアをすると言うと、不謹慎、あるいは偽善などと言われることさえあるようですが、この諺が教えてくれるように、自分のためにも人助けをしなさいという考え方が日本には古くからあるのです。

 ボランティアは、もともと自発的(voluntary)に行う活動という意味で、必ずしも自分を犠牲にしなければならない活動ではありません。

 ボランティアは自分のためにするのがよい。私がそう考える理由は2つあります。

 東日本大震災のあと、大勢のボランティアが東北を訪れました。それはとても素晴らしいことですが、1年もすると東北を訪れるボランティアの数は激減してしまいました。理由は色々あるでしょうが、困っている人を助けたいという気持ちだけではボランティアを継続していくことは難しいようです。ボランティア活動を継続させるためにも、ボランティア自身のためになる活動であった方がいい。これが第一の理由です。

 もう一つの理由は助けられる人の心理です。見知らぬ他人に助けてもらうことはもちろんうれしいことですが、同時に「申し訳ない」とか「お返しができないことが心苦しい」という不快な感情を生んでしまうそうです。この感情は心理的負債感と呼ばれ、このために支援を拒否してしまう被災者も少なくないそうです。ボランティアの人が苦しそうに活動していたら、助けられる人はより大きな負債感を感じることになります。「力仕事や体を動かすことが好きなんです」とか、「まちの再建する姿を見たい」とか、「色々と勉強させてもらっています」と言って笑顔で活動してくれるボランティアの方が被災者は受け入れやすいのです。

 ボランティア活動を通じて私たちは多くのことを学ぶことができます。遠く離れた場所であれば、知らないこともいっぱいあるでしょう。たくさんの課題を前にして、それをどのように解決していくのか。初対面の人たちとどうやってコミュニケーションをとり、協働していくのか。真剣に主体的に取り組めばそれだけ多くのことを学べるはずです。そして、ボランティア活動を通じて、たくさんの素晴らしい人たちと出会ってほしいと思います。

 他者のために、他者とともに そして自分のためにボランティア活動をしてみませんか。

戻る

ページトップへ